手のひらサイズの幸せのお友達

手のひらサイズの幸せ

『ペットロス・離別・失恋』サヨナラの痛みと哀しみを癒す心の保健室 ~あなたの傷に優しく絆創膏を貼るお手伝いをしています~

MENU

できても・できなくても、全部いいことにする!と自分の胸に手を当てて深呼吸

仁くん、昨日の夜ゲーゲーしちゃって今日、お医者さんに連れてってもらったでち

今週に入ってから、少しお腹の調子が悪かった仁くん。
おトイレがゆるゆるでしたが食欲もいつもと変わらずだし、お水もちゃんと飲んでいるし、遊ぼう!とギンちゃんにちょっかいを出して追っかけっこもしているのに、夜中にトイレに行った後、ゲエッと嘔吐。

水曜日の夜中は小さくえづいたものの嘔吐までには至らず様子を見ていましたが、昨晩2時過ぎ頃にトイレに向かって下痢をしてしまった後、ベッドに戻るや否や嘔吐!!!

すごく心配したものの、仁くんはすっきりしたのかその後スースーと寝ていたのですが、下痢だけではなく嘔吐もあったので動物病院を予約して、休み時間を使って診てもらってきました。
在宅勤務なので、まるっと1時間の休憩時間を通院にあてられるのはありがたい!
おまけに側にいて様子を見てあげられるので、やっぱり在宅勤務って最高だなぁと再認識です。

診てもらった結果「胃腸炎」だという事で、下痢止めと吐き気止めの薬を飲むことになりました。
食べれない・飲めないという状態であれば点滴や注射になるのですが、仁くんは嘔吐と下痢はあり朝は食べたがらないけれど夜ごはんも食べるしお水も飲むし

何より元気でぐったりしていない

という事から、飲み薬で様子を見ることになりました。
帰ってきて早速「ペット用チーズ」にお薬をめり込ませて飲ませたのですが、食欲はあるようで美味しそうにお薬入りのチーズを完食してくれました。
お薬が効いて、今晩は吐かずにいられるといいね。
早く良くなりますように。

最近ちょっとした不調が続いているよねー。
今のところ大きな病気ではなく済んでくれているから、早く良くなって欲しいよね。

昨晩、ベッドで盛大に嘔吐…だったため、今朝はシーツやタオルケットやベッドパットなどを全てお洗濯。
私が仕事をしている間、ベッドでゴロゴロするのが最近のお気に入りのギンちゃんですが、こちらは「毛玉」を時折吐くので、無防備なベッドにしておくのは危険!なため、過去にお昼寝マットになるといいなぁと思って作った「お手製のベビーキルト」を敷いて置いたら、その上でゴロゴロしてくれていました。

作ったものを使ってくれるって嬉しいな♡

さて、前置きがとんでもなく長くなってしまいましたが、昨日の上長面談の事を書きたいと思います。

私の業務はIT系の中でもクリエィティブ職に分類されるもので、学生時代美術の成績が1や2だったおまみーぬにとっては、とにかく苦しい修行のようなものです。
別の業務で今の会社に入社したのですが、少しずつ今のクリエィティブ寄りの業務を覚えて欲しいと言われ、当時はバリバリに自立をしていて「できないと弱音を吐くのはいけない事」と自分を追い込んでいたこともあり

下手にできるようになってしまった

がゆえに、自分で自分の首を絞める結果となり、今の業務にメインで就くことになりました。
数年前から新しい仕事の担当になると、必ず不安で家で泣くようになり、目途が立つまでは気が晴れない状態が続くようになりました。
この状態ではいつまでもこの業務を担当できないので、別の部署への配置転換希望も出し続けていました。

実は、自分を肯定できるようになって「自分の気持ち」に寄り添い続けていたら、自分が嫌だと感じてしまったものを隠せなくなっていました。
私がどう思っているのか?どう感じているのか?
人と比べてとか常識がどうとかではなく「私がそれを辛いと感じるのか?」「私の心が痛いと泣いているのか?」というのを隠さずに素直に私が私に教えてくれるようになりました。

我を押し通すとか、組織の中でルールに従わないとかそういう事ではなく、今まで苦しいとか無理しているという事を微塵も感じさせないように頑張ってやってきたけれど、もう頑張れないことがあることを「ちゃんと伝えてみよう」と決めました。
カッコ悪くてみっともない私(← と、私が勝手に思っている弱い自分)もひっくるめた全部が私という存在で、それを見せても大丈夫なんだ…よね??(← やったことないからとにかく不安)
自分が今、どんな状態なのかというのを「言わなければ分からない」のだから、自分のために自分の事を声に出して届けてみよう。
さらに、会社も上司も「私」ではないので、私がどんな業務をやりたいと思っているのかも「言わなければ分からない」のですから、自分の希望というのをちゃんと伝えて、委ねてみようと思いました。

いわゆる、サレンダーというものですよね。

今の私には「担当業務」が苦しい状態であることを伝え、会社の中でこれをやらせてもらいたいという希望があることを「私の想いはこれです」と届けて、後は相手がどう捉えてどういう結論を出すのかは相手に委ねる。

とはいえ、自分の気持ちを伝えるのは(特に「できません」というなんてダメだと思っていた長年の禁止事項)、経験がないからとっても怖かったし不安でした。
自分が何をやりたいのか「前向きな希望を言う」というのは、別に何にも悪い事じゃないのに、なぜそれを自分の中で禁止していたんだろう??

朝、ギンちゃんと仁くんの手を取って「言ってくるからね!応援してね!エイエイオー」と自分を勇気づけて出勤しましたが、幾度も自分の胸に手を当てて、自分にこんな言葉を贈り続けました。

できても・できなくても、全部いいことにする!
自分の気持ちを「言う」という勇気を持ったことを尊いと褒めてあげたい。
初めての挑戦をする自分を絶対に見捨てない!!
私が私の側にいて、言えても言えなくても「言おうと思った事がすごいんだからね」って笑って抱きしめてあげたい。

会社や組織という問題も、相手がどう受け取るかも、それは私の決められることではないから、そこはお任せです。
私は「休職」も視野に入れて、大きな白旗をあげて、できるのであれば「メンタルケアの部門に就いてこのまま働きたい」という希望が叶ったら最高だな!という気持ちで面談にのぞみました。

願っていたことがまさかの8割くらい受け入れてもらえるという事になったそうですよ!

そうなんです!!
面談会早々、私が話すよりも先に上長からこんな提案がありました。

●現場で実際に手を動かす側から、管理の側(お客様交渉や現場との橋渡し)の仕事にシフトしていかないか?
●ずっとしんどいと言っていた業務をメインではなくサポート的にやる(完璧にはまだ外せない)
●会社のブログを書く(過去にやっていたことが再評価)
●自社商品については現状通り対応(クリエィティブな苦しい作業はほとんどない)
●総務業務(現在やっている作業)
●パートさんの成長促進・管理(現在やっている作業)
●新規事業について

社長から新規部署についての話があがっていて、会社としてメンタル・教育に関する事業をやりたいという未来図があるものの、今すぐそれを「収益を生む事業」として動かせない会社の事情があることについて話をしてくれました。

上長の話をまとめると、私が数年前から「今の担当業務から移動希望」があることは知っていたし、少しずつ「管理側」の作業を増やしたものの担当しているものが結果が出しにくい内容だったこともあり、私の個人売上が目標に達していないので評価が下がってしまう事を心配してくれていての面談だったそうです。
その上で、今のメイン業務が辛そうなのは見て分かっていたから、サブのポジションに入り管理業務を増やして【現事業部】のまま、新事業への種まきをしていく方がいいだろうということでした。

コロナの関係もあり動かないままだったけれど、「キャリアコンサル」や「産業カウンセラー」についても調べているのを上司は知ってくれていて、新規事業で必要とされるスキルを身に着けるまでは今の部署で私が苦しいと思っている作業を軽減しつつ、新事業への準備をしていければいいよね!という感じの話にまとまりました。

また、過去にグループ会社でブログを運営していた時期があり、そこに書いていた私の記事を上司は評価してくれていて、会社のブログを書かないか?とも言ってくれました。
私が担当している業務とは関係ない「心に関すること」「どーでもいいこと」を会社として発信しながら何かホッとできる場所があることを種まきすることも、いつか新事業を立ち上げる際の財産になるだろうという話や、新事業をすぐに上司が押さない理由も聞かせてもらいました。

会社としてはどの部門でもいいから「年間予算」を達成して利益を出せばいいため、私がやりたい「メンタルケア」がいきなり部門立ちしてしまうと

初年度から予算だ何だと言われてしんどい

らしいので、ブログでひっそり情報発信しておいたり、会社で活かせる「キャリアコンサル」や「産業カウンセラー」を取得したり勉強をしてから、他事業と絡めて徐々に仕事をシフトしてくとかがいいのでは?という感じの話をしてもらいました。

なので、8割希望を受け入れてくれるような形で面談が進みました。

希望を伝えて、それが今すぐ叶わないとしても「叶えるために前向きに」会社としては考えてくれていることを知れたことはすごく嬉しかったですし、今の担当業務が苦しいという事を理解してくれて代替案を一緒に考えてくれたことも嬉しかったです。

あくまで今後に関する面談なので、これが全てではなく、先ほどさっそく「申し訳ないんだけれど…」と管理要員になる予定だった仕事を現場部分も担当してほしいと連絡が来たりして、あれーーーー!という事はあるけれど

自分の気持ちを言っていいんだ!という事が知れた事と、希望をちゃんと伝えることで相手が「私のやりたいこと」を知った上で考えてくれる

ということを実体験することができたことが、私の中の大きな財産になりました。

今すぐに新しい事業としてそれだけをやれる訳ではないけれど、言われただけで動いていなかった「会社の保健室」は事業としてちゃんと存在できそうなことも分かりましたし、この先のことはその時々で考えていけばいいし

本当にダメだと思ったら逃げていいし、休んでも辞めてもいい。

そう思ってあげたら、自分の気持ちが軽くなりました。
安定していたいけど、ほんと、なるようにしかならないもんね!
そして案外、なったらなったでどうにかなる…んだろうし。(って、怖いけど)

私の理想は、まだ今すぐは安定している状態がいいので会社員として新事業の計画案がある「メンタル部門」で保健室業務やカウンセリングができる事です。
部署の本格稼働は今すぐではないようですし、あくまで上長面談なので社長との面談や事業計画が分からない中での「今」ですが、やりたいことはやりたい!と、ちゃんと自分の気持ちや希望をこの先も伝えていけたらいいなぁと思っています。

なーんて、「絶対離婚したくない!」って言っていた私が離婚を受け入れて願っていない未来を選択したように、会社員と安定が手放せない!と言っていながら、なんかわかんないけどもういいや!ってなるかもしれないし、いっぱい迷ってOKだし、決められない今は「決められないことが答えだからしょうがないね」って自分を追い詰めないようにしていこうと思います。

さっき、申し訳ないんだけど…と連絡がきたことで、なんかテンションが下がり気味ですが(えへ)週末は仕事のことを考えるのをやめて、しっかりリフレッシュしようと思います!!

  • HOME
  • >
  • わたしのこと
  • >
  • できても・できなくても、全部いいことにする!と自分の胸に手を当てて深呼吸