手のひらサイズの幸せのお友達

手のひらサイズの幸せ

『ペットロス・離別・失恋』サヨナラの痛みと哀しみを癒す心の保健室 ~あなたの傷に優しく絆創膏を貼るお手伝いをしています~

MENU

寂しいと感じた私の気持ちの根っこにある大事な気持ちと、新種の生命体。

こにちは。仁くんでち。今日はおうちに新しい生命体が産まれたんでち!!

みなさん、こにちは!!
私は楽しみにしていた9連休を「絶賛・貧血」で台無しにし、終戦とか体調不良とか、あんまりすっきりしないまま夏が終わりそうなもの悲しさとか、あれこれぶわーーっと「いっしょくた」になって絡まり

うわーーん。なんかわかんないけど心細い。
うわーーん。老後が不安。

と、なぜかとってもメンタル弱めに泣いていました。
得体のしれない「不安」を感じて泣けてきて、その自分の気持ちの奥にあったのは

寂しい

という感情でした。
自己肯定とか自分を受容するという事をしていたって「寂しい」って感じる気持ちはありますし、それは悪者ではなく感じたくないから蓋をしているだけで、ちゃんと存在しています。

私の中にはずーーっと巨大な「寂しさ」の塊があります。
私は弱いので、独りぼっちになる事への強い怖れや寂しさがあります。
石橋叩き派なので、未来を予測して安心したいという思いもたんまりあります。
それは言い換えると『自分に寂しい思いをさせたくない』という思いから、未来をあれこれ先取りして考えて不安でたまらなくなるという昔からのクセなのですが、先の事ってあれこれ考えても無意味なんですよね。本当は。

私は過度に不安になる心のクセをもって生きています。
子供時代にその不安がこじれて「手の皮がむけるまで手を洗う」事をしたり、不安から眠れなくなったり自律神経のバランスを崩したり…という事もしてきました。

が、その時々で私が怖れていたことは現実にはなりませんでしたし、なったとしても乗り越えてきているので「今」があります。

途方に暮れた時に必ずそれを乗り越えるための周りの助けや、自分自身を支えてくれる手がありましたし、きっとこの先にも新しい出会いや大事にしている関係が私を助けてくれると思います。
ただ、感じちゃった「寂しさ」はもがいたところですぐには消えませんし、何に対してここまで寂しいと不安を募らせているんだろう??と自分にいっぱい質問し続けました。

・夏が終わるのが寂しい(← 冬が嫌い。本当に寂しい気持ちになる。)
・仕事がしんどい(← 苦しんで稼がないといけないと思っている節がある。)
・老後もこのまま働かないといけないのか?(← 未来の自分が独身で状況が変わらないと仮定しちゃっている??)
・貧血で調子悪くて引きずられて寂しい。(← 体調に引っ張られるからどうしようもない。)
・戦争系の話がとにかく怖い。(← 苦手なものはしょうがない)
・私の大好きな人や命が側からいなくなったらどうしよう(← 分かっているけど寂しいものは寂しいから、これはこれでいい。それだけ愛する存在がある=幸せだという事)

色々「寂しい」の根っこにくっついた思いがありましたが、とりわけ感じていたのは

・パートナー(願わくばチオビー)と同じものを見て笑って手を取り合って暮らせる日々がない事が何より寂しい(うわーーーん)

という、パートナーシップがない事への寂しさや不安が大きい事に気付きました。
こんなに心細く、こんなに不安になって、こんなに寂しいと思うのですから

私にとって「パートナーシップ」がとっても大事なもの

だという事がはっきり分かりました。
そう!私は恋愛体質の女!!
そう!私はチオビーをよこしまな目で見る女!!

ちょっと横に逸れてしまいましたが、私の寂しさや不安を「聞いて」もらえる存在がいなくなる事が何よりも寂しいと思っていて、パートナーシップという存在に私は安心感を求めている事も感じています。
一番側にいたい一番大切な人に、一番大事な自分の気持ちを守って欲しいのかもしれないなぁ。
うーん、ただ抱きしめてもらいたいのかもしれません。
不安や寂しさを抱える私でもいいんだよ!って自分で言うだけじゃなく、安心できる存在からヨシヨシって笑って言って欲しいのかもしれません。

うーん、よく分からないけど「今の私」が思っている寂しさだから、その気持ちに「そうなんだね」って言ってあげられたことでOKです。

貧血も良くなって今日は体調も絶好調になり、不安や寂しさも「とりあえず震えるくらいまで感じきって」みたら、スコーンと抜けてくれて楽になりました。

光があれば闇があるように、ポジティブな感情もあればネガティブな感情もありますし、寂しさが教えてくれるものは「私が大事に思っている事」でもありますから、時にすごく大事なものを確認するために寂しがったとしてもいいんです!!
寂しい自分を置いてけぼりにしない事、寂しくて泣いている私にいっぱい気持ちを聞いてあげる事、優しい声をかける事が出来ているだけで花丸です。

自分の未来をもっともっと信じてあげたいな。
私は愛していいし、愛されていい!!

ぐふふ、チオビーのことが大好きなんだーーーい。(← 結局、コレ)

寂しいから求めるし、寂しいから側に行きたい。
あら??そう思うと寂しいって悪者だけではない感じがしますよね♡

今はすっきり元気になりったのでこうやってブログに書けていますが(本当に寂しい時はとてもじゃないけれど書けないですものね)、私の中にある「寂しい」という気持ちについても優しくヨシヨシとしていってあげ続けたいと思っています。

* * * * *

さて、冒頭の仁くんのつぶやきを全くぶった切って違う話をしてきた「鬼マミコ」なので、話を仁くんに戻します。

仁くんが「おうちに新し(い)生命体」が現れた!!と言っています。
なぬーー。新しい生命体?!
OH… 未知との遭遇。ゴクリ。

ふんぬっ!!!

仁くんが言っている「新種の生命体」を確認しにベッドの上を調査すると、グレーのイケメンが進化を遂げている途中でした。

ぬおーーっ!
耳が完全に消えて、目が線になり、お口が緩くて歯が見えて

イケメン要素が完全消滅したのに、なんかかっこいい謎の生命体

が現れたではないですか!!!
このギンちゃん系の生命体はさらに少し時間を置くと…

白目ならぬ緑目…

脱力して緩んで、白目状態に!!!

なんか、笑っちゃう系のオカルトでした。
耳がなくて白目向いて口開いてても愛おしいなんて、ほんと

どんだけぇ~(← IKKOさん)

こんなことがいちいち楽しいと笑っていられるくらい「和やかで落ち着いた気持ち」でいられるって、改めて幸せだと思えています。
それは「寂しさ」に溺れた時間があったからこそ、ひしひしとありがたく感じる、寂しさからの恩恵でもあるわけですよね!!

という事で(← いつも思うけど、どういう事?)私の9連休は

なんだか泣いたり笑ったり貧血でダウンしたり、
星を見てキャッキャしたり、忙しい感じ

で終わってしまい、明日からまたいつも通りに仕事をしてぶーたれながら妄想してニヤニヤして…といういつもの日常に戻ります。
読もうと思って買った本とか、全然読んでなーーーい。
勉強しようと思って準備したノートも全然使ってなーーーーい。

やはり、予定していた夏休み通りに行かないのが『マミコ・スタイル!』

今日はこれからお風呂に入って、簡単なお料理をして、夏休み最後の元気な晩餐を過ごそうと思います。
久しぶりにビールや富美男ちゃんも行っちゃおうかな???むふふ。
飲めるって最高!!(← そこ??)

  • HOME
  • >
  • わたしのこと
  • >
  • 寂しいと感じた私の気持ちの根っこにある大事な気持ちと、新種の生命体。