手のひらサイズの幸せのお友達

手のひらサイズの幸せ

『ペットロス・離別・失恋』サヨナラの痛みと哀しみを癒す心の保健室 ~あなたの傷に優しく絆創膏を貼るお手伝いをしています~

MENU

自由に描く、わたしの未来。

仁くん撫で撫でされるの大好きでち

甘えん坊の仁くんは、ナデナデされるのが大好き。
朝、お茶を飲みながら少しのんびりする時間があると、モシャモシャッと触ってしまうのですが(かわいいをおすそ分けしてもらう朝の儀式)
なんとも嬉しそうな顔をします。

はぁ〜、かわいい♡

話はいきなり変わり、私は1回目の結婚生活を残念な形で終えてしまったのですが、夫婦問題が起きて悩んだ時期はやっぱり思い出すとググッと悲しい気持ちがせり出してしまったりしますが、全体を通して思い出せるのは

結婚生活は楽しかったし、幸せだった

ということ。
毎日、家に帰るのが楽しみで、朝起きるのがワクワクして
大好きな人と一緒に過ごし、大切な家族になっていく事は、私にとっては失いたくない大切な宝物でした。

※さらに、かけがえのない銀太さんと仁くんも加わり、私の小さな王国は本当にほのぼのと満たされたあったかい時間でした。

私は離婚を決めるまで、あっちこっちと思考を活動させて
考えていない時間は寝ている時間だけ…というくらい、あれこれと未来を想像して勝手に落ち込んだりしていました。

未来は分からないから、怖い。
分からない事は防げないから、怖い。

その怖い想像の中の一つは、彼を超えるくらいに大切だと思える人に出会える「はずがない」。
出会ったとしても、また結婚できる「とは限らない」。

裏返すと、私は今までに体験した結婚生活が楽しくて、私には結婚が向いていると「心の奥底で」思っているからこそ
そうならなかったら苦しいから…と、どうなるか分からない未来を極度に恐れていました。

ほーんと、素直じゃないんだから。
だからこじらせてややこしくして「自分で悩むことを選んで」いたんだものね。

素直なマミコはどう思うんですか?

え、えへへ。
また、思いっきりステキな恋をして、また、幸せな結婚をして、今度はうーんと素直に、かわいいマミコになって、大好きな人と「小さな王国」を繁栄させていきたい♡と願っているの。

かといってね、焦ったり急いだり…ではなく
ちゃんと自分の気持ちを大切にしながら、好きな人をちゃんと好きだと思い、トキメイて、色んな感情をドキドキしながら感じて行きたいな、と思って

求めるよりも自分をまずは満たして幸せになりたい。
自分を好きになりたいから、自分をうーんと癒したい。

そう思って意識を自分にググッと向けたら間もなく
ドキドキするようなステキな人に出会い、あれ?これって恋しているのかも???と思った後からぎゅーーっと胸が窪むようなくすぐったいような嬉しいような

とにかくいろーーんな気持ちがごちゃ混ぜになったような気持ち

を味わって、あぁ、私、またちゃんと「恋」ができた、って泣きそうなくらいに嬉しかったんです。

あ、恋といっても、私の片想いです。(てへっ)

そして、恋をしてときめいた思いを持つ自分が嬉しいのと同時に
私はまたいつか「結婚」だったり、その前に両思いになってデートしたりお出かけしたり、あれこれ楽しい時間を持ちたいな〜とムフムフと思えるのに

あれ???
恋がしたい、デートしたい、結婚したい、って言っているけれど
私のしたいデート、結婚、あれこれってじゃぁどんなもの???と立ち止まって自分に聞いてみたら、あれれ???具体的なイメージをできていない漠然としているものだと気付きました。

マミコちゃんはどんなデートしたいでちか?

えーーっ。恥ずかちい…(キュン)

えっとね、片想い中の彼と、はじめてのデートで待ち合わせをして
お茶しようってなって、彼の話をいろいろ聞いてウフフって笑っているマミコちゃんがいてね、
でもまだ、付き合うとかそんなことにもなってなくて、手探りでドキドキしていて

へー、お休みの日ってそんな過ごし方しているんだ!
へー、そんな趣味があるんだー。
へー、好きな食べ物ってカレーなんだー(← あくまでカレーは一例です)。

って、私の知らない彼のことを少しずつ知れたことが嬉しくて、ニコニコしていた所へ
店員さんがお茶を持ってきてくれて

なんか仲良しで羨ましいですね〜
もうお二人はお付き合いして長いんですか?

なんて聞かれちゃって、だけどまだちゃんとお付き合いしよう…なんて言われてなくて、彼女になれたらいいなーーーって思ってるから心臓がドッキンドッキンしていて泣き笑いみたいになってると

付き合って1日目なんです。
今日から、なんだよ…ね??

って彼が言ってくれて、真っ赤になりながら「あ、はい。…あ、うん。」って言いながら、慌てて紅茶を飲んで、

あ、あつっ!!!

とか言って慌てる…(はぁ、はぁ、全力で妄想。)

え、えーーっと!!
私、離婚経験ありで水も甘いも嗅ぎ分けて泥水を吸うようにして必死に生きてきたんだけど
こんな女子高生みたいな妄想しちゃったりしています。(発表)

でもね、私、こんな恋がしたいんだもん。
自分がしたい恋、自分がしたいデート、自分がしたい結婚生活、とことん自由に描いていい!

だって、他の誰でもなく『私が生きる、私の人生』だから。

お花見をしに行きたいし、サイクリングも小さな山をテクテク登山もしたいし、ギンちゃん・仁くんを一緒に連れて海にもピクニックにも行きたいし、一緒に映画を見たりドライブしたりショッピングしたり、写真立てに2人で映った写真を飾ってニコニコしたり…
恋人ができたら、やりたい事はいーーーっぱいある!!

もちろん、理想の結婚や生活だってあるし
それを具体的に、自由に想像すると、それだけで「うふふ」と幸せな気持ちで包まれます。

未来は分からないから怖い、と怯えることもできるし
未来は分からないから自由にイメージして楽しむ事だってできる。

本当に、心って自分がどう思うかで全然違う世界を見せてくれるものなんですね。

もちろん、あはは・えへへ、と自由に楽しい未来も描きますが
「今」落ち込む事だって悩むことだって、立ち止まることだっていっぱいあります。

自由に未来を描こうとしても、
でもうまくいく根拠なんてないし…とか、
私が思っているだけで、向こうは私のことを興味ないはずだし…とか、
とことんネガティブな気持ちだって湧き上がってくるし、ネガティブな気持ち程、過去に体験したものをありありと思い起こせるからこそリアリティがあって引っ張られてしまい、さっきまでワクワクしていたのに、ドヨーンと落ち込む…なんてこともしょっちゅうです。

そんな時に、少し前までの私ならネガティブな気持ちをもつ自分を否定したくなって目を背けていたけれど

あー、分かる分かる。
それ過去に体験した分だけそう思っちゃうよねー。
しょうがないよ。だっていっぱい傷ついたんだし、ね。
でも、ここで立ち止まった私って偉いよね!成長してるね!!
ネガティブは悪いことじゃないから、思いっきり怖がらないで感じまくろうね!!

大丈夫、私がついてるから!

と、自分に言ってあげられるようになり、
そうすると「するーーっと」マイナスな気持ちが楽になるということを体験しています。

どんな自分にもはなまるをつけてあげよう。

時にはうっかりして自分に寄り添えないこともあるし
完璧を求めたら、疲れてしまうし、ちょっとうっかりでおっちょこちょいなところが「私らしさ」だからね♡

私は少しずつ「自由に自分のしたいことを描いてみる」ということをしたいな〜と思えるようになってきました。
そう思えることが、心の底から嬉しい。

なんともめんどくさく、自分の夢や憧れすら描くのを制限していた「窮屈な私」をずっとずっと生きてきました。

これからはちゃんと、自分の欲しいものを夢に自由に描いて、自分をゆるゆるーーっと楽しませて生きていきたいと思っています。

もちろん、私の描く世界にはギンちゃんと仁くんはいつだって一緒です。

1人2匹の幸せな未来。
そこに私を世界一大好きだと言ってくれるステキな人が加わることを思いっきり夢見て。