手のひらサイズの幸せのお友達

手のひらサイズの幸せ

『ペットロス・離別・失恋』サヨナラの痛みと哀しみを癒す心の保健室 ~あなたの傷に優しく絆創膏を貼るお手伝いをしています~

MENU

いよいよ大人の女の人へ?!抵抗との戦い

マミコがクローゼットを開けて悩んでいましたですよ

ケホケホ。(← わざとらしい咳込み方)
昨晩、うっすら網戸にして寝たら真夜中に冷えてきて思わずスースーする足元をタオルケットでグルグル巻きにしました。

あ、あぁぁ。
朝、ベッドメイクをした後でギンちゃんが自分好みにタオルケットとその上のガーゼ(季節的な抜け毛対策も兼ねています)をグシャグシャにしてご満悦…
力いっぱいグシャッた様子で、タオルケットはよーく見ると爪を引っ掛けた感じでほつれていました。
オーマイガッ!!!
タオルケットは消耗品…

昨日の私は【B系】でブラッキーにDEATH NOTEを書いたりしたのですが、
自分の中にある『性への嫌悪感』について、お弟子さん仲間から色々と情報をもらい、同じようにセクシャリティを否定している仲間にも出会い(なんと力強い♡)

頑張って隠していたはずだけれど
隠しても大人の魅力が滲み出るお年頃

になってしまった…と認定されました。
はぁ。確かに。
※プチカウンセリングみたいにみんなから色々アドバイスをもらえました。感謝です!

私は「エロ」とか「性」から数億光年離れた子供の国で、平和にお花を摘んでキャッキャと生きてきましたが
いくら子供の国にいても、本当は大人なのでいつまでものんびりとお花を摘んでいい訳がないんです。

今まで逃げてきたけれど、少しずつ自己肯定感も上がりだし
さぁ、ちゃんと「私」を迎え入れてちゃんと「女性」としても輝きましょう!
ということで、あの「エロGGE」問題を引き起こしたんですものね…

ということで、女性性をちゃんと受け入れ「大人の女」になろう!と決め
同じように未熟な女性性を大人レベルに高めたい!というお弟子さん仲間と「みんなで助け合って励まし合って」成長すると決めました!
あぁ、一緒に頑張る仲間がいるってなんて嬉しく心強いのでしょう…(涙)
※ちなみに「小学生低学年」レベルの女性性で成長したくない自分がいることにも気付きました。とほほ。

女性性を高めるプロジェクトは

【別名:大人の女になるプロジェクト】

なのですが、ミッションとして掲げられた数々の宿題にいきなりガクブル…
どれも激しく難易度が高く(大人の女性なら普通に出来るはずの事です)
どれにしても「お子ちゃま」の私には刺激&ハードルが高い中から、一番抵抗なく出来そうなものが

女性らしいランジェリーを身につけること

でした。
ということで、昨晩は大人になりたい子供チームと、そこから脱皮したお姉さんアドバイザーの力をお借りしてランジェリートークで刺激をもらいました。

という事で冒頭のギンちゃんの言うとおり、クローゼットの奥に隠していた【買ってはみたものの身につけるのに抵抗のあるランジェリー】をガサガサと引っ張り出しました。

マミコちゃんのおパンツ、全然セクシーじゃないんでちー

キャー。ばらさないでーー。
私が日常的に身につけているのは、UNIQLOのノンワイヤーのブラとお揃いのシームレスショーツという飾り気のないシンプルな下着。

この下着が悪い訳じゃなくて全然いいんですよ!!!
ただ問題なのは

女性らしいランジェリーを身につけることに抵抗感があって避けていること

なんです。
セクシーな下着も着るし、着心地のいいものも着る。
下着がその日の洋服に響かないようにノーレースを選ぶ、というふうに抵抗なく下着を選べるのが大人女子だと思うのです。

正直に告白します。
私は出来る事ならノーブラで過ごしたいし、ストッキングも嫌いです。
基本は素足に楽チンな下着…という「まるでお子ちゃま」なんです。

そんな私でも、いわゆる【勝負下着】とでも言いましょうか?
勇気を出して(?)レースの繊細な下着を買ってワクワクはするものの、それを身につけるのか?と言われると

余程のイベントがないとしまっておく

という状況のため、引っ張り出してみたランジェリーはどれもこれも「ほぼ新品」状態。
オーマイガッ!

ということで、早速しまっておいたランジェリーを身につけてみました。

む、むぅ。なんかくすぐったい気分。

でもやっぱりちゃんとパッドやワイヤーの入ったブラは胸をこんもりとさせてくれて、自分でも「おおーっ」と歓声をあげました。
※胸のサイズが残念な私は、バストアップのための極厚パッド入りです。

隠しておいた「私なりの勝負下着」と言っても、まぁ、基準はお子ちゃまなので大人っぽいセクシーさはゼロです。

女性性を高めて愛される女になるためのアドバイザーでもあるカウンセラーの香さんに進めてもらった下着は「アンブラ」というブランドのもの。

すごい…
セクシーで大人っぽくて…
しかしやっぱり、私にはまだ敷居が高い…のか?!

ランジェリーについての話をしている中で、香さんが言ってくれたのが

いきなりセクシーじゃなくて、
可愛い♡ものから~~

なんでかな。
私は香さんのセリフが大好きで、聞くとホントに安心するんです。

はっ!これが「女性性」というものなのかも…
女性性って包み込むような優しさや柔らかさや安心感ですよね。
だとしたら「ずっと子供でいたいもん!べーっだ!!」とやっている場合ではなく、ちゃんと成熟した大人の女性になって、柔らかくたおやかに周りを包み込める女性になりたい!!

ほんと、人間っていろいろ大変よね。
でもせっかく人間に生まれてきたんだもの、楽しまなくっちゃよね。

いきなり話が横に飛ぶんだけれど「意識したらその対象がやたら目に入ってくる」という体験をした事があると思います。
例えば黄色い車が今日のラッキーアイテム!という占いの結果を聞いて意識していると黄色い車がやたら目に入ってくるというような事なのですが、これを「カラーバス効果」と言います。

今朝、私はこのカラーバス効果を早速実感しました。

「大人の女性性」を意識した途端、朝の通勤で見かけるいつもの道で幼稚園バスを待っているお母さんグループを目にしたのですが
なんとまぁ…
中にはとてもセクシーな雰囲気の女性性たっぷりの人がいっぱいいるんです!!!!

見るからにセクシーとかそういうものではなく、私がゾクッとしたのは
壇蜜さんのような雰囲気の黒髪の清楚なママ。
なのになんかオーラがあるんです。
そしてそのママは大きな花柄のタイトっぽいロングスカートを履いていたのですが
歩き出すや否や、スカートはラップスカートだったらしく風を受けてきわどい感じに太ももまでチラッと見えるではありませんか!!!!
※風がなければ少し足が見える程度だったと思います。

なんてこと!!!!
まったく「エロ」を感じさせなかったはずなのに、隠しもっていたとは…
そして壇蜜さん風ママはチラッとまくれたスカートから出ている足を隠すでもなくしなやかに歩いて行きました。
か、か、か、かっこえええーーー。
見た目にはそんな感じがないのに、あのママはきっと太ももだけじゃなくその上のパンツが見えても大丈夫なくらい普段からきっと「見せてもOK」のランジェリーを付けているに違いない!!!

別にランジェリーが全てではないですし、セクシーさが全てでもないと思っています。
ただ、私は「意識してそれを隠し・否定し・見ないようにしてきた」のですから、
セクシーな大人の女性ってどんな人だろう?
大人の女性としての振舞い方ってどうなんだろう?
色気って何?
というものを敢えて意識してみて、抵抗をへらしながら、私に出来る範囲で【私らしい色気】を見つけていきたいと思っています。

余談ですが、お弟子さん仲間のサトヒちゃんからもかわいいランジェリーを紹介してもらいました。

昨晩からランジェリーのホームページばかりを目を皿のようにして見ている私ですが、女性の下着って繊細で細やかで、こういう下着に包まれる自分の体って大切だな~と思って見ています。
セクシーな女豹のような鮮やかな色もあればお砂糖菓子みたいに柔らかい色合いや、上品なくすみ色、パステルでチャーミングな色まで同じものでも色が変わると雰囲気が違っていて見ていて楽しい♡
お子ちゃまな私は、異様に「白」とか「薄いグリーン」とか「クリームイエロー」などばかり買っていましたが、別の色にもトライしてみたい…かも。えへへ。

私と同じように「自分の女性性を子供のままにしている人」がいたら、一緒に楽しみながら大人の女性を目指しましょう!!