手のひらサイズの幸せのお友達

手のひらサイズの幸せ

『ペットロス・離別・失恋』サヨナラの痛みと哀しみを癒す心の保健室 ~あなたの傷に優しく絆創膏を貼るお手伝いをしています~

MENU

おまみの見た「夢」のこと。いひひ。いひひ。

マミコちゃんがまた ちょっと聞いてー♡やばめー! って騒いでるでち。あー、いつもの事ですよねー

えーっと、いきなりですけどこれから「超・どうでもいい話」をします!!

私はくっきりと色や匂いを感じる夢を見ます。

で、夢の中で『菅田将暉くん』とデートするという幸せ体験をした事をブログでも紹介したのですが、最近は『斉藤工さん』と同じ部屋で過ごすいうハァハァ系の夢までみて、幸せいっぱい…
(ハァハァ系とはいえ、女性性が小学生レベルなのでチュー止まりでハァハァなんです。)

でね!!!
今朝がたまた「素晴らしくマミコ都合」の夢を見ました。

またもやイケメン絡みの夢の話するそうでちよ…。あー、はいはいって受け流してくださいですよ

チッ(← 舌打ち)

今日ね、私の夢にね、片想いの彼がついに登場してくれたんですーーーー!!

眠りについてしばらく別の夢を見ていて、その内容はあんまり覚えていないのですが、夢って突然場面が切り替わる事ありませんか??

で、なんかの夢からパッと画面が切り替わって、オレンジ色の光が優しいリビングルームが映し出されて、私がキッチンでコーヒーを淹れていました。

で、コーヒーを持ってリビングのテーブルを振り返ると、そこには愛しい彼が!!!!!

ちょっ、キタコレ。

夢なのに一瞬ポカーンとして、でも慌てて「コーヒーはいったよ♡」とカップを彼の前に置こうとしたら、少しくすんだグリーンの厚手のTシャツを着ている彼(首元がちょっと緩んでいて、着込んだ感じがたまらなかった…)が勉強している資料から目をあげて「ニコッ」というか「クスッ」と微笑んで

ちょっと休憩。
マミコさん、隣、どうぞ。

って、テーブルの角の椅子を彼の手が引いてくれて、L字型の隣という形で、チョコんと座って、斜め横、ものすごく近い所に彼がーーーーーーっ!!!!!!!

やう゛ぁい!!!

今思い出してるだけで、足がジタバタして悶えてしまう!!!

・・・

あ…温度差。
なんか、ごめん。

でね、隣に座ると照れくさそうに手の甲で鼻をゴシッとしながら、私を見る彼。

マ「お勉強、順調?」
彼「あー、うー。気になってる論文をこれから調べるところ。」
マ「そうなんだー。(チラッと彼のノートを見る)」

うわー。すっごく難しそう。
うわー。すっごく頭ヨシオ君。
うわー。すっごく惚れ直した。

コーヒーを並んで飲みながら、調べ物をするためのノートパソコン(Macだった…)の画面もチラッと見えたのですが、それも英語で私にはちんぷんかんぷんで、コーヒーは熱くて苦くて、なんか胸がいっぱいで泣きそう…

彼「これ(といってノートをポンッと指で触る)が終わったらご飯行くって言ってたけど、どこ行くか行きたいとこ決まった?」
マ「あ、あ、あ…(← カオナシ状態)」
彼「まーたぁ、マミコさん『カオナシ』になってるよー。(といって声を出して笑う)あー、なんかお腹へってきたね。(ここで照れくさそうにしながらこっちを見る)」

マ「あ、あっ、えーっと…」
彼「…(ムギュッと私のほっぺをカップを持っていない方の指で突っつく)」

ハァハァ…ハァハァ…
はわわ、はわわ…

マ「お店も探すし、その前に【おめかし】する!!」
彼「(ただニッコリ)」

で、彼の顔をもっとちゃんと見ようと無意識のうちに「ガバッ」と起きてしまうという

痛恨のミス!!!!!
(号泣。悔やんでも悔やみきれない)

すっごくいい夢見てたのに自分から起きちゃったんでちね。ガバッてベッドから起きた瞬間しまったーーー!!って叫んでましたもんね。

あまりにリアルな夢すぎて、ドキドキが止まらなくて、もっと近くに行きたくて、思わず身を乗り出したら夢から現実に移動して起きてしまった…のですが、
もう一度目をつぶって「続きをみたい…」と思うも、それ以上に心臓がバクバクして、夢の中でみた

クッキリとリアルな彼

を想像するだけで、泣けるほどでした。
指はほっとするような暖かさを頬に残し、ほんの少しだけ感じる男子の匂いや厚い胸板やTシャツの袖から見え隠れする、しっかりした腕の筋肉やら、どれもこれも全てが愛しくて、

好きな人がいるって幸せだな

って、胸がギュッとして胃がキューッとなりながら、ホクホクした気分で1日を過ごせました。
(まだニヤケながら過ごしていますけれども…)

あー、今晩もまた彼に会いたいな。
夢の続き、今度は起き上がってあっさり覚めてしまわないように、もうちょっと彼の事を感じたいな。
できればハグしてもらって、頭ポンポンってしてもらいたいな。
一緒にご飯を食べに行きたいな。
おめかしした私を見て「かわいいね」って言ってもらいたいな。
ギンちゃんや仁くんも一緒に、リビングのソファーで並んで映画を見たいな。

あーーー。クッキリとリアルな夢だったので、今、勝手に妄想している世界も「緑色のTシャツ」を着ていた夢の中の彼がクッキリ想像できて、ドキがムネムネどころの騒ぎではなく、ジタバタ・ゴロゴロと床を転げちゃうくらいキュンキュンしています。

あ…
こんなアホな情報をお届けしましたが、私は今月14日の土曜日に、カウンセリング体験会に参加します。(いきなり…)

お悩みをそっと話したい!という方も、マミコときゃっゃと「妄想トークしたい」と言う方も、ただ単におまみを見たいという方も、もしご都合が会えば遊びにいらしてください!!

おまみのカウンセリングはお土産付き(中身はな・い・し・ょ♡)で、まだお席がありますので、怖いもの見たさ(?)でも大歓迎です♪

マミコのカウンセリング予約

カウンセリングとは全く関係ない話をしておきながら、突然ねじ込む…というのが、イッツ・ア・マミコ・スターーーイル!!

ちっちゃいことーは、気にすんな!
それ、ワカチコ・ワカチコー!

私は夢の続きを、みなさんもニコニコできる楽しい夢を見れますように。