手のひらサイズの幸せのお友達

手のひらサイズの幸せ

『ペットロス・離別・失恋』サヨナラの痛みと哀しみを癒す心の保健室 ~あなたの傷に優しく絆創膏を貼るお手伝いをしています~

MENU

13日の金曜日と女性の体のこと。

マミコは今朝、地獄の底からの呻き声をあげててそれを聞かされたこちらの気分は最悪だということを現場よりお伝えいたしますですよ。

久しぶりに地底から響くようなうめき声をあげて起きた朝。
私は健康が取柄で自慢なのですが2年前に卵巣嚢腫(髪の毛とか歯が卵巣内に出来てしまうタイプのもの)で手術をした際に「子宮筋繊維症」が見つかりました。

女性はおおよそ月に一度の「生理」とのお付き合いがありますが、これってホント人と比べるなんてことをしないので「生理痛」とか「経血量」なんて基準が全部自分。だから…

激痛が当たり前・大量出血が普通

だと思っていました。
私はもともと生理痛(生理前後)が激しく、市販の鎮痛剤を色々試した結果『EVE』が一番効く…のですがそれでも鎮痛剤を飲んで「動けないほどの痛みを緩和できる」レベルで、うううっ…と声が出てしまうような鈍くて重い痛みは残ります。
でもでも、飲まなかったら「のたうち回る感じで冷や汗もの」なので、痛み止めが切れる前に追加して…と痛みをやり過ごしていました。

※子宮筋腫の方や筋繊維症の方あるあるらしいのですが、ポーチやお財布には常に鎮痛剤が入っていないと不安になるそうです。もれなく私もです。

卵巣嚢腫の手術をすることになり、MRIなどで精密検査をした結果「筋繊維症」が結構深刻だったらしく、おじーちゃん先生から

この状態だと毎月の出血量も相当でしょう?
生理痛も薬が効かないレベル?

自分ではこれが普通だと思っていたからと答えると…

我慢強い女性は我慢しちゃうんだよねー。
でも、よく考えて見たら毎月来る生理が「痛い」っておかしい事なんだよね。
普通は痛みは「たいしてない」ものなのよ。
痛すぎるなら我慢しなくていいって、みんな知らないんだよねー。

とのほほんと言われ、すごく納得したっけ。
確かに、毎月お腹に鉄球を思いっきりぶつけられるような地獄の痛み(鎮痛剤でも抑えきれない痛み)って、普通に考えたら【異常】なんですよね。

術後も定期的に検診に行かなくてはいけない…のですが、3か月後…半年後…えーっと…と足が遠のいて1年。
(積極的に行きたい場所ではないですし、行っても根本的な治療となると手術ですし。)

痛みもあるし、油断すると衣服を汚してしまう突然の大量出血なんかはあるけど(悲しいときー。悲しいときー。)月に1週間の辛抱だし…と無視してきていましたが、今回は久しぶりに

ちょっとガチで救急車呼ぼうかな?

と思う位の冷や汗と激痛でした。(← 眠れなかった)
けど、今はなんとか鎮痛剤が薄く効いてくれていて、のたうち回る程の痛みは抑えられました。ホッ。

女の人ってお腹イテテになってゾンビみたいにヴゥゥゥゥ~ってなって大変なんでちね

ねーっ。ほんとに毎月やってくる「ホルモンバランスの乱れ」とも戦っているし、女性ってとってもデリケート。人知れず痛み止めを飲んで、何もないような顔して社会の中で頑張って働いたりして、ほんと、みんな頑張ってるしエライんだよね!!

もう、この毎月のホルモンの乱れにはどんなに強靭な意思を持って構えていても、泣けてきたりイライラしたりボーッとしたり食欲が増したり減ったり、眠くてたまらなくなったり吹き出物でたり乾燥したりお腹が膨れたり便秘になったと思ったら下痢したり…と、全く歯が立たずお手上げなのですから、この時期には

頑張らない。
徹底的に自分を甘やかしてやり過ごす。

を徹底しちゃいましょう!!
合言葉は

だって生理だしー。
もうすぐブルーデーだからしょうがないしねー。
私、悪くない。
悪いヤツ、ホルモン。
(← カタコトに言うと尚アホっぽくて効果的。)

頑張り屋さん程、毎日力を入れて生きています。
一生懸命出来ることをやっているのに、そんな自分にも「反省」という名の自己否定をしたりして、いっぱいいっぱいになっちゃいます。

自分に優しく接してあげましょう、と頭では分かっていてもいつでも自分を心地よい場所に置いてあげる事が出来ない日だってありますし、どんなに自己肯定しようと思っても落ち込んでそれができない「自分責め」をしちゃう日だってあります。

普段、一生懸命生きているからこそ、女性にとってどうしても頑張れなくなる毎月の生理の時期だけは、意識して自分に優しくしてみませんか??

お腹に手をあてて優しくさすってあげたり、刺激の強いものを食べるのを控えて見たり、お気に入りの香りを用意して気分を落ち着けたり、自分自身を優しく抱きしめて「ありがとう」って自分に届けてみたり。

あえて頑張らない、というのをちょっと意識してあげる事をして、女性である自分を慈しんであげる時間を持ってあげる事を、私はこの1年意識しています。

今日、なんだか分かんないけどイライラしてる…。あ!もうすぐ生理だからかー。そっかー、しょうがないよねー。イライラはしんどいねぇ。でも自分ではどうすることもできない「ホルモン」のせいだから、イラッとしていいよー。OK!分かったよ~。

こんな風に自分に声をかけてあげたり、イライラしている自分を暖かく緩めるようなノンカフェインのルイボスティー(私はルイボスティーが好きです)の中でもちょっといいものや香り付きでリラックスできるものを自分に淹れてあげたり、肌に触れるものを柔らかいもの(タオルなんかを乾燥機にかけてみたり)にして、出来る範囲で「自分を労わる」ようにしてあげています。

毎月どうせやってきてしまう負担なのであれば、それを「自分に優しくする」きっかけに使ってあげれば一石二鳥!ですものね。

優しくしてあげても生理痛もありますし、経血量も減っていませんが、私の「心」は前よりずっと毎月のイベント時に自分と仲良くなれたように感じています。(えへへ)

あ…
いきなり話は変わりますが、今日は2019年最後の『13日の金曜日』ですよ!!(← どうでもいい情報)

いや、ただそれだけなんですけどね。
ほんと、最後の最後に何を言いたかったのか…良く分からないけど、歌って〆ようと思います。

きっとくるぅ~。きっとくるぅ~。
(← もはや13日の金曜日が呪怨に…)