手のひらサイズの幸せのお友達

手のひらサイズの幸せ

『ペットロス・離別・失恋』サヨナラの痛みと哀しみを癒す心の保健室 ~あなたの傷に優しく絆創膏を貼るお手伝いをしています~

MENU

初めてのシータヒーリング体験記 ~助けるって決めた時の事~

昨日、マミコがずっと気になっていたというヒーリング体験をしたそうですよ。

突然ですが、皆さんは『シータヒーリング』って知ってますか?
実は私は1年前まで知りませんでした。

お弟子さんに参加して「シータヒーリング」を受けたことがある人の体験談を聞き、いつか私もセラピーを受けてみたいな…と漠然と思ってはいたものの、なかなか機会に恵まれず(探してみてもピンと来なくて)そのまま時が過ぎ、すっかり忘れていた頃にサトヒちゃんのブログで「久々にシータヒーリングを受けた」という体験記があり、うらやま~と思って読みました。

サトヒちゃんのブログを読んで「いいなー」と叫んだら、セラピストさんであるHiroko roseちゃんにその声が届き

モニターセッション受けませんか?

とありがたいお誘いの言葉をもらっちゃいました!!
なんとなんと、すごく嬉しい。すっごくワクワク。すっごく楽しみ!

ありがたいお言葉に即答させてもらい、昭和の日の昨日の午後、オンラインで生まれて初めてのシータヒーリングをHiroko Roseさんから体験させてもらいました。

シータヒーリングってなんでちか?

あはは。オンラインでお話させてもらうのを見て、オンライン飲み会と勘違いしているね!!

シータヒーリングについて、実は私も詳細まで詳しく分かっていないので(勉強した訳ではないので)すが、脳をシータ波と呼ばれるリラックスした状態にして潜在意識にアクセスし、ブロックを解除したりいらない思い込みを書き換えるセラピー。

ものすごいざっくりですが「脳をリラックスの状態にして癒しの時間をもらう」イメージ。

癒しだけではなく深い話になるとスピの要素もあるのだそうですが、私はスピは好きな方ですが詳しくはないので良く分かっていません。(えへへ)
実際にセラピーを体験した中でスピ的な事は一切なく、私の悩みを掘り下げた結果「神様に対する罪悪感」を癒す作業をしていただいたので「神様」というワードは出てきたものの、霊的な何かを示唆されることなどもありませんでした。

心理学を勉強した事で、意識には「潜在意識」「顕在意識」「無意識」「集合無意識」さらには「ハイヤーセルフ」などと目に見えない意識の層があるという事を知りましたが、脳がリラックスした状態だと『潜在意識』にアクセスしやすいというのを聞かれたことがある人もいると思います。
リラックスした状態はアルファー波の状態ですが、アルファー波よりも深くリラックスした状態のがシータ波の状態。
夢を見ている時にシータ波になっている事が多いらしく、とても穏やかで安心した状態の時の波動。

シータヒーリングでは潜在意識にアクセスして「思い込み」を書き換えたり、要らない過去の体験を光として書き換えて還して行く作業をするというような説明をHirokoさんから最初にお聞きして、私が何を叶えたいのか?何に悩んでいるのか?というのを質問してもらってのヒーリングスタートとなりました。

目の前のHirokoさんは笑顔が暖かくて話しやすく、説明も丁寧で安心してセラピーを受けられそうだな~とドキドキ・ワクワクが高まります。

マミコのシータヒーリング体験記

私が今回お願いしたのは、恋に対して顕著に現れるのですが、物事を前に進ませない「ストップをかける自分」の思い込み・潜在意識の中にあるものを見つけるという事でした。

というのも、今現在、私は片想いしていると公表しまくっていますが、体型が緩んだから…年齢が…バツイチだから…などなど、何かしら絶対に理由をつけて前に進むのを怖れています。

とにかく何かしら理由をつけて「私は愛されていい」と自分に対する自信を持たせないようにしています。
それも無意識に、でもとても深く重たく。

自分と仲直りする事を大事にし、自分の中に大きな罪悪感がある事に気が付き、もう私は許されていい…と自分をとことん癒し続けて、前よりは自分の中の「無価値感」や「完璧主義」を緩めて自己肯定できるようにはなりましたが、何か根っこの部分で

私は愛を与えたいが怖い
このままの私を愛させてはいけない(受け取ってはいけない)

と何かしら理由や理屈を準備して「自分を押し止めるのは何でだろう?」と思っていました。

私はブログでも書いたことがありますが、子供時代に母が信仰していた終末思想のあるキリスト教の教えが怖くてたまらず、神様の存在を否定し続けました。
それが大きな罪悪感だった事に気付けてはいたのですが、それをHirokoさんの質問と瞑想を通して掘り下げてもらった事で、意識の層に普段は上がってこない様々なものに気付く事が出来ました。

・私は何かを選んだ体験が乏しい事(選ぶのが苦手)
・母親は思っていたより過干渉だった事(自分では気付いていなかった)
・両親や妹を愛し続けて、ひたすらに愛を注ぎ続けてきた事
・本当に優しい人(らしいのだけれど)自分では基準が高いから優しさや愛情深さが足りていないと感じている
・自分が傷つく事よりも周りをガッカリさせたり傷つける事が嫌だと思っている事
・私の愛は重たいと思い込んでいる
・私は愛を与え続けるべきで受け取る側ではないと思っている

何かを選ぶのが苦手だという話から掘り下げてもらい、私が子供時代に神様を否定した事(否定しながらもどっかにいるとは信じている)やひたすらに周りに愛を注ごうとしている事についてHirokoさんからいらない思いを書き換えたり光に還す作業をしてもらっていると、だんだんとボーッとしていく感じがするのに、なぜか頭が冴えて見えないものが見えるような不思議な感じを味わいました。

クッキリハッキリ何かが見えるのではなく、柔らかくて明るくてキラキラした光の世界…というような感じなのですが上手く言葉で表現できないのがもどかしい。

子供時代の事を初めのうちはあまりはっきり思い出せなかったのですが、その時の感じを質問される事でどんどんと思い出していけたのですが、その間も無意識の層の中の玉ねぎの皮を剥かれるように「あ…そういえば」という感じでゆっくり思い出す感覚はとっても不思議だけれど決して嫌な感じのない「はじめての体験」でした。
最後に胎児の瞑想(だったかな?胎児のヒーリングだったかな?名称は忘れちゃいましたが、私が受精卵になってからこの先死ぬまでについてのワーク)をやっていただく中でHirokoさんから

お母さんを助けるって決めて来たんだね

と私が生まれてくる前の事を見てくれて声をかけてくれた時に、何とも表現できない不思議な感覚に包まれると同時に、聞いたことはあるけれど想像もつかない「胎児記憶」ではないですが、ホントに一瞬でしかないのですが

お母さんのことが「とってもかわいそうだから助けてあげたい」と感じて、私がずっと愛してあげる!助けてあげる!って選んだもん。

とクッキリその瞬間の映像が見えて、この感じ覚えてる!!と思ったと同時に涙がポロポロこぼれました。
その時に見えた映像のような、自分がその時に呼び戻されたような不思議な感覚は「ごくごくわずか」で2秒くらいだったと思いますが、自分では意識できない無意識層のずーーっと奥の記憶に触れた体験だったのかな?なんて勝手に解釈しています。

さらに少しずつワークを通して潜在意識の中のいらない思い込みを手放していく作業をしてもらうのですが、Hirokoさんから

お父さんにも気を使ってきたんだね

と言われて、胸がギューッとつねられる様な気持ちを思い出しました。
母が「苦しさや寂しさ」から宗教を信仰するようになり、子供への愛ゆえにこの世界が滅ぶ(神様によって振り分けられる・終末思想)時に助けてあげたいと怖れと支配を使って私たちを愛していた中で、父は無宗教だったので私の中で父の存在というのは『明るい太陽』のようなものでした。

父がいると宗教からは逃れられる、一時かもしれないけれど「恐れと不安の世界」から明るく楽しい世界に戻れると感じていました。
だから、お父さんにはいつも楽しくしていて欲しかった。私たちを嫌いになってしまってお父さんが居なくなってしまったら、私はもう太陽を失ってしまう。
だから、絶対にお父さんには私たちを愛してほしくて、一生懸命に私にできる事をしようと思っていました。

でもね、小さな私が与えなくても気を使って頑張らなくても「なにもしなくてただそこで笑っているだけで」愛されていいんだと潜在意識に教えてあげて、いらない過去の思いを光にして還す作業をしてもらうのは、本当に優しい時間でした。
心がじんわりと暖かくなりました。

少し触れましたが、母は私たちを愛してくれていたがゆえに「神様に助けてもらって地球から悪を一掃する際に救ってもらえるように」と模範的で善良で神に愛される子供になるようにと一生懸命に教えてくれました。
それは母の愛の表現だったのだろうけれど

愛が支配と結びついているね。
それだとすごく重たいよね。

とHirokoさんが見つけてくれた言葉にハッとしました。

自己肯定できるようになって「私はこのままで愛されてもいい」とちゃんと分かるようになり、私はどうなっても幸せを感じて生きていい存在だと自分に言えるようにもなったのに、踏みとどまる理由がクッキリしました。

私の愛は重たいから与えたら相手を困らせる。
そのくせ愛を届けたがるし、受け取ると支配されると思っているから与える側じゃなくては潰れる。

こんな思いが潜在意識のずーーーっと奥にあったんじゃ、表層意識で「愛されていい」「愛していい」と思ったところで、理由をつけてストップをかけるのも納得です。
愛が支配と結びついているなんて、その思いはもういらないから、キラキラの光にしてどこか遠くにお還ししちゃいます!!

Hirokoさんから「私はただふわふわと笑ってそこに軽やかに存在しているだけでいい。私が笑っているだけでその優しさで人を包み愛を与えられるし、その愛に触れてみんなが喜んでくれる」と新しい観念を未来に向けて潜在意識に届けてくれました。

シータヒーリングを受けたからといって、その瞬間から意識が180度変わったりする訳ではなく、ゆっくりと自分の意識できない領域である潜在意識が変化していき、少しずつ楽になれると個人的に思っています。(すぐに楽になる方もいるのかもしれません。あくまで私が個人的にそう思っている感想です。)

ただ、自分では意識しても入る事ができない意識の層へ深いリラックスした状態でボーッとして入り込んだり、理由も理屈もなく「ほんの一瞬だけ見えた」いわゆるお空の上の記憶に出会ったりと、すごく貴重な体験をさせてもらいました。
これがスピ体験なのかなぁ??
でもなんか違うような気がするんですよね。
スピとかではなく「自分が普段知覚できない領域にある記憶を見れた」というのが感覚として近いのかな??
うーん、表現できない!!!

Hirokoさんのセラピー体験が終了して、ボーッとしたことや眠いという事を伝えたら、寝ている時は潜在意識が優位だから今日はいっぱい寝たほうがいいよ!と言われて、素直なおまみーぬはその後に心地よくベッドに直行。

西日のホカホカの中でビール飲んでコテンと気持ちよくネンネするでち!ってグータラしたんでちよね〜

むふ♡
眠たいけど気持ちよく眠れるように!とせっかくの祝日だし、ベッドの中でゴロゴロしながら一本だけ…

おつまみも準備しましたが、ビールを飲み終えようとする手前で気持ちよく寝落ち。
夜の入り口の6時過ぎにギンちゃんがご飯の取り立てをするので起こされるまで、すごく気持ちよく爆睡しました。
ただ光がキラキラカーテンのように揺れている明るい空間の夢を見ていましたが、すごくキレイで居心地のいい夢でした。

うあーーー!!
超絶長くなった上に、なんだかまとめられない体験記になっちゃいました。

また少し時間が経って気付く事や感じる何かがあるかもしれないけれど、Hirokoさんのおかげでシータヒーリングを体験する事ができて、とっても貴重な時間を過ごさせてもらいました。

私、ただふわふわ笑って、ただそのままで愛していいし愛されていい!って自分を抱きしめて言ってあげ続けたいと思います。
私の愛はキラキラしていて、重たくて迷惑なものなんかじゃないんだって、これからも幾度も私に教え続けてあげて、たくさん笑ってたくさん愛する、そんな私になりたいと思っています。

自分のために自分を癒す時間って、ほんと大事だな〜と気付けたステキな体験をさせてもらいありがとうございました!!

  • HOME
  • >
  • わたしのこと
  • >
  • 初めてのシータヒーリング体験記 ~助けるって決めた時の事~