手のひらサイズの幸せのお友達

手のひらサイズの幸せ

『ペットロス・離別・失恋』サヨナラの痛みと哀しみを癒す心の保健室 ~あなたの傷に優しく絆創膏を貼るお手伝いをしています~

MENU

ワクチン接種1回目を終えました。やっぱりドキドキでした。

台風がいなくなったら スゴイ暑さが戻ってきましたですね

今日は気持ちの良い青空と、真夏のような暑さ。
台風は熱帯低気圧に変化したというニュースを聞きましたが、新潟は台風から離れていても大雨予報が出ていましたが、私たちの地域は大雨とはならず、ホッとしています。

一気にお天気が回復して「真夏」が戻って来たような日ということで、エアコン&扇風機で涼を取りながら、この夏「被り損ねていた」麦わら帽子風の被り物で夏の日を思い出すコスプレ。

この帽子は幾度かブログでも登場しているのですが、私のお手製なんです。(えっへん)

100均で買った 藁の紐みたいなやつで あみあみしたんですよね。

そうなんです。
手軽なハンドメイドアイテムも、今は100均で買えるんですよね~。

これはセリアで買った紙と草で作ったような手芸用のテープをかぎ針で編んで作った「麦わら帽子風」のもの。
私は編み図も読めませんし、凝った編み物はできないのですが、子供時代に母のお友達で「編み物教室の先生」をされていたご年配の方が、編み機の使い方から一通りの編み方を教えてくれる機会に恵まれ、簡単なものを編むことができます。

これもその時に教えてもらった知識を使い、こんな増やし方をすれば帽子のカタチになるかな?というのを想像しながら作ったもの。
なので、少しいびつでしっかりしていないのはご愛敬です。

秋・冬になると手芸店でも毛糸のコーナーが充実して、見ていると編み物をしたくります。
とはいえ、根気がないのでいつも中途半端で完成しないのですが、また今年もギンちゃん・仁くん用のニット帽でも編んでみようかな??

仁くんもお帽子でちー
ちーくんもお帽子しているんでちよ!

みんなでお帽子。
うふふ、かわいい。 ← 親バカ

* * *

昨日はギンちゃん・仁くんも一緒に実家に泊まりに行き、実家の母とギンちゃん・仁くんの「合同お誕生日会」をしてきました。
特に何かすごいお祝いというわけではないのですが、みんな揃って「おめでとう!」と言いながらご飯を食べられて、改めて大好きな人や命が元気で笑顔でいてくれて「集まれる」と言う事のありがたさを実感した夜でした。

ギンちゃんには「本マグロ」「マグロ&ウニ」のちゅーるを。
仁くんには「紗」を、プレゼントでもらいました。

良かったね~。
嬉しいね~。

そして、東京に住む妹夫婦からも「お誕生日会してるんだって?」と動画でのLINE電話がかかってきて、おめでとうメッセージをもらい、しばらく画面越しで談笑しました。
離れた場所でもオンラインで繋がれて、本当に便利な世の中になりましたよね。(しみじみ)

* * *

話があっちこっちに飛んでいますが、昨日は妹と一緒に「コロナワクチン1回目」の集団接種に行ってきました。

新潟市は高齢者や基礎疾患のある方の予約しか取れなかった期間が続きましたが、今月上旬にやっと縛りがなくなり、予約を取る事ができるようになりました。

が、やはり申し込み開始日の朝早い時点で、新潟市の中心部はあっという間に予約がいっぱい。
同じ新潟市内でも、車で30分くらい離れた役場の会場は、まだ数枠開いていたのを見つけて、ギリギリセーフで予約が出来ました。

私は大きな基礎疾患もなく、在宅勤務が出来ている上に、ひとり暮らしです。
会社のコロナルールも厳しいので、外出も用事を足したら帰るようにしていて、外食や外飲み、たまに出かける繁華街やショッピングモールでのお買い物も短時間で済ませるようにしています。

ワクチンに関しては、安全面や今後の体への反応など、色んな情報(それが正しいのか間違っているかどうかもわからない)ものが沢山流れていて、正直とっても迷いました。
理想は「ワクチンを打たず、コロナにもかからず」ですが、こればかりは目に見えないウイルスですし、予防していても罹患してしまう可能性がゼロではないもの。

先にも書きましたが、自分がコロナに罹るリスクは比較的少ない方なので、だからこそワクチンの副反応などが怖くて、すごく迷ったのですが、決め手は「動物にも感染する」というものでした。

動物にも罹患するウイルスで、仁くんはもともとの呼吸器系の病気があるため、私が感染させてしまったら後悔しか生まれません。

決意の理由の大きなものは「ギンちゃん・仁くんにもしも感染させてしまう事がないように」というのが一番大きいのですが、その他にも自分自身を守るためというのももちろんあります。
が…
やはり万が一にもワクチンが体に合わなかったら??と受ける前まで緊張しまくりーぬでした。(なにぶん、チキンなもので…)

私が受けた会場では、事前に2段階での確認作業があり(検温や体調チェック、お医者さんの問診)、私がアレルゲン不明でアナフィラキシーを2度起こしていることから、今回の接種後は30分の健康観察となりました。

幸い、ワクチンでアレルギー反応は起きず、無事に1回目を終えられました。ふぅ。

私が受けたのは「ファイザー製」のものだったのですが、言われていた通り『腕が筋肉痛のような痛み・重い感じ』が接種後から徐々に出てきて、夕方から夜は手を上げると「あいたたた」となると同時に、若干の腫れがありました。

一晩寝て、筋肉痛は若干マシになったかな?という感じですが、まだ手をあげられません。
一緒に接種に行った妹も同じで、ふたりで「痛いのを試すみたいに手をあげちゃうよね~」と苦笑い。
すでに1回目を東京で摂取し終えている妹は、当日少し腕が痛かったけれど、翌朝にはすっかり大丈夫で「腕をくるくる回せたよ~」と聞いていたのですが

くるくる回すのは、明日以降におあずけだね

という感じで、まだ大きく動かすのは無理そうです。

副反応がないといいな~と思っていましたが、やはり腕の痛みがあったので、3週間後の2回目の副反応(頭痛や高熱が出る人もいると言われてますよね…)が怖いなぁ、出来れば副反応なく終えたいなぁと祈るばかりです。
職場の人の話でも、やはり2回目は熱を出した人や奥さんが発熱した…と言う話を聞いているので、覚悟はしていますが、やっぱりしんどくない方がいいなぁ。

ワクチン接種は「個人が決める」もので、いい・悪いは人は周囲の人が言うものではないと個人的に思っています。
私は打つという選択をしましたが、打たないという選択肢の人の意見も尊重しています。

まだまだコロナとの付き合い方は模索中で、不安になったり行動に制限があってがっかりする事や、楽しみを奪われてしまう事も沢山ありますが、ストレスの多い中でもなんとか上手に息抜きできるものを自分に与えつつ、上手な共存方法が見つかるといいですね。

ではでは、左腕はまだ「くるくる回せない」けれど、元気いっぱいで大きな副反応がなくてホッとしているおまみーぬでした~~。