手のひらサイズの幸せのお友達

手のひらサイズの幸せ

『ペットロス・離別・失恋』サヨナラの痛みと哀しみを癒す心の保健室 ~あなたの傷に優しく絆創膏を貼るお手伝いをしています~

MENU

【ココロノマルシェ】どうすれば周りを気にせず、のびのび生きていけるようになるでしょうか?

明日からマミコが 9個の休みだから いっぱいラブラブしよーって 浮かれてるんですよ

GWが終わってから、待ちに待った大型連休!!!!
えぇ、何にも予定はありません。(きっぱり)

でもね、明日からお休みだーって思うだけでワクワク・ウキウキ。
お休み期間中は、実家に3魂で帰省もする予定ですし、お天気次第ですが海にも行きたいし、花火も見たいし、鉄の日(※)もしたいし、漫画喫茶におこもりしてひたすらキュンの世界にも入り込みたいし、手芸もしたいし、マッサージにも行きたいし…
※鉄の日とはメイクもせず着替えもせずとことんダメに過ごす夢のような日のことです。

でも何より、明日は「寝坊してもいい」という日が9日も続くというのがささやかだけどメチャクチャ嬉しい♡
そして、ギンちゃんや仁くんとずっと一緒にいられるのも嬉しい時間。うふふ。一緒におやつを食べたりお昼寝するんだーい。

皆さんの夏休みはどんなご予定でしょうか?どうぞ、満喫してくださいね!

夏休み前で浮かれた私をお届け途中で猛烈な睡魔に襲われ、前置きだけ書いて翌日に持ち越す…ということをやったところで(注:誰にも頼まれていない前置き)ココロノマルシェ】に寄せられたお悩み相談をしたいと思います。

こんにちは。
40代パートです。

私は子供の頃から母に「人様に笑われないように」と、言われて育ってきました。
おそらく母は 世間に好かれれば幸せになれると思ってのことなのでしょうが、私は 自分の素では世間に認めてもらえないと解釈してしまい、よく見えるよう、嫌われないよう、自分より他人を優先して、周りに細心の気を使ってきました。

生きづらいながらもここまで来ましたが、この先、もっと自由に自分の思うように生きてみたいと思っています。

どうすれば私のような者でも、周りを気にせず、のびのび生きていけるようになるでしょうか?
相談者:アカトロさん

アカトロさん、こんにちは。
きっと長い時間「私の気持ちは後回しでいいから」と周りの人のために頑張ってこられたんだろうと思います。

> どうすれば私のような者でも

アカトロさんは無意識かもしれないですし、自分を謙遜して表現していらっしゃるのかもしれないのですが、私のような…って思わなくてもいいんですよ!!!

でもきっと、人の気持ちを優先してきてしまったのであれば、自分のことをうーんと低く見てしまって、色んなことに心を砕き、犠牲をしてきた事は数え切れないくらいあるんだろうと思います。

アカトロさんのパートナーやお子さん、お友達などなどアカトロさんにとって大切な人が「私のような【ダメ】なやつでも…」と言ったら、なんと言ってあげるでしょうか???
(アカトロさんがご結婚・お子さんがいらっしゃるか分からないのですが、不適切だったらゴメンナサイ)

優しく気を配れるアカトロさんなら、全身を使って「ダメなんかじゃないよ!」「あなたがあなただからいいんだよ!!」と魅力を受け取ってもらえるように、色んな方法でアプローチして届けようとするのではないでしょうか??

そして、大好きな人が「そ、そっかなぁ」と言いながら笑顔になる瞬間を見て、自分のことのようにホッとしたり嬉しくなるのではないでしょうか?

あくまで私のイメージでの話をしましたが、アカトロさんは『自分より他人を優先してきた』とご自身が認めていらっしゃるくらいなので、そう遠くない感じのことをしたり・感じたりしていると思います。

アカトロさん、今まで周りの人のために培って磨き上げてきた「気遣い」や「優しさ」を、これからはご自分にも【お裾分け】してあげて欲しいんです。

私のような者、と不意に思ってしまうのではなく

一生懸命人のために生きてきた優しい私だから、これからはその優しさを自分のために使いたいんです!
自分をもっと笑顔にしてあげて、好きなことを遠慮なくやってみたいんです!

そんな風に「今まで一生懸命生きてきた私だから」とアカトロさんご自身に言葉を届けてあげて欲しいな、と願っています。

ほんと「私のような者」なんて思わなくていいんですよ!!
私のような者は、この地球上に誰一人として存在しない、私だけのステキな個性の塊なんです。

人のために気を配れるって、とてもステキな魅力です。
ただ、ちょっとだけそれが強すぎたり頑張りすぎたりして、アカトロさんの生き方を苦しめてしまったり、重くのしかかってしまっているのだとしたら、せっかくの長所が泣いている状態ですものね。それはやっぱり息苦しいし、しんどいことです。
人のために自己犠牲できるくらい、周りに目を配り気配りできるという「他の人にはなかなかできないことができる」というすごい長所・強みがアカトロさんにはあるということだけは、受け取ってくださいね。

アカトロさんが「こんなの当たり前だし…」と思っている、場の空気を察したり相手の表情を見て行動を先読みしたりできる才能は、当たり前なんかじゃないんです。
素晴らしい個性であり、特技であり、真似できないものなんです。
アカトロさんにはすでに「強み」がちゃんと備わっているんだ!と自分の中で欠点だったり足を引っ張っているように見える事の裏側の「良い面」を見つけてあげて、ニッコリと笑って受け止められますように。

長年かけて「素のままの私では価値がない」「人のためにしなくては認められない」と自分に何度も何度も繰り返し教えて込んできてしまったがゆえに

アカトロさんはすごい価値があるんで、明日からそのまんまで愛されちゃってくださいね!

と言われても、そのままで愛されるという体験がなかったり、許可した事がないのですから「そ、そっか…」と受け取る事は難しいですよね。
なので、周りの人に対して示してあげられるような優しい気遣い・気配りを、ほんの少しご自身に向けてあげる事で、少しずつ緩んで「素のままの私」に慣れていって欲しいんです!

> 自分の素では世間に認めてもらえないと解釈してしまい、よく見えるよう、嫌われないよう、自分より他人を優先して、周りに細心の気を使ってきました。

どんな時がアカトロさんの「素」の状態なのでしょうか?
そして、それを見せないようにずっと緊張感のある生活をしてきてしまっていると思いますが、どうする時に心地よいと感じ、どうしている時に緩めていますか??

今までずっと「素」を隠してきてしまったのであれば、もしかすると「素の状態」が分からなくなったりしていませんか??

まずは、どんな時に自分がリラックスできているのか、どうしてあげると喜ぶのか?というのを探してあげて、それを自分に対して実行してあげる事で

アカトロさんがアカトロさんを喜ばせてあげる

ことを続けてみて欲しいと思います。
自分を「快」の状態においてあげる事で、のびのびと自由にやりたい事を描く環境を整える、というイメージです。
種を蒔く時にカチカチになってしまっている土にいきなり種を巻いても芽ぶかないうように、自由に振る舞いたいと思っていても「まず私の好きな事ってなんだろう?」「私がのびのび振る舞える時ってどんな気分なんだろう?」というのを知らないと道を見つけにくいですよね?

ホッとする感覚、自由だなーと感じる感覚、思わず笑顔になる時ってどんな時なんだろう?というのを、いっぱい自分に対して感じてあげる事で
やってみたいと思っていることをイメージした時に、心や体に似たような感覚が感じられれば、それがアカトロさんにとって「やりたい事」なんだ!と確信できたり、それをやってみようと行動にうつしたくなると思います。

心に「自由の種」を蒔くための土壌作りだと思って、今、我慢している事があればそれをやめてみたり(いきなり全部は無理でも、ちょっとだけ手を抜くなどでいいんです)自分を笑顔にさせてあげる時間を持つことで、硬く緊張してしまっているアカトロさんの心や体を柔らかくほぐしていってくれて、自由にやりたいことをやっていいよ!と許可を出すための力になってくれるはずです。

私たちの毎日は、私たちが「思った通り」に生きています。

誰かの奴隷として生きているのでない限り、今日はどこへ行き、何を食べ、どう過ごすかを自分で決めて行きています。
パートのお仕事へ行くのも、休みたい日があっても…行かないとだから「行く」という思いを自分が選んでその通りに行動しています。

> よく見えるよう、嫌われないよう、自分より他人を優先して、周りに細心の気を使ってきました。

よく見えないと困るから、嫌われたくないから…と自分を押し殺しながらもその生活を続けてきたのは、アカトロさんが「そうする方がいい」「そうしなければいけないから」という思いを持っていて、その通りに生きてきたからなんですよね。
お母さんが「笑われるような生き方はしてはいけない」と言ったとしても、それを受け入れなければ「人の目など気にしない」を採用して生きてくることもできたのに、お母さんが言っている意見を採用したのも、アカトロさんが

お母さんのことを信頼して、愛しているから
そのお母さんの言うことを守りたい

という「ご自身の優しくて愛に縁取られた思い」からだったのではないでしょうか?

そして、その思いの通りに自分を成長させて、自分を後回しにするように人を優先する生き方をしてきて、結果として【思う通りの生き方】ができているとしても、それはアカトロさんにとって【願っているような生き方】からは離れてしまっているからこそ、苦しいと感じて自由に振る舞いたいと思うんですよね。

私たちは誰しも、自分が幸せに生きることを願います。

アカトロさんはすでに「人のために気を配る」ことを意識せずにサラッと体現できるすごい能力をお持ちだと思うので、わざわざ意識しなくても普通の人以上にその場の空気を読んだり、人を傷つけるようなこと選ぶことは無いと思いますから

気遣いに対する高みをこれ以上目指すのは、やーめた!

と宣言してあげる事もアカトロさんを「願っている生き方」へ近づけてくれる一歩になると思います。

宣言して声に出すことで、それを聞いている自分が「そうだ!そうだ!」と思えるので、宣言してみるということは、思っている以上に効果がありますので、よかったら何度だって宣言してみてくださいね。

そして、アカトロさんはどんな生き方をしたいのでしょう?本当の願いはなんでしょう?本当はどうなりたいのでしょうか?

自由に生きることで得られるどんな「感じ」を味わいたいのでしょうか?
周りの人の目を気にしないことでどんな「感覚」に包まれたいのでしょうか?

アカトロさんが「どう願っている」のかを考えてみて、ホッとした感じだったり、安心した気分だったりすることを願っているのであれば、
まずはご自宅の中でホッとできる空間を準備して、そこで自分に優しくしてあげる事で得られる「嬉しい」「心地よい」「自由だなー」と思える感情をたくさん感じてみてください。

周りの目を気にする人生を歩んできたのですから、その生き方は慣れているけれど別の生き方をしようと思っても、自分がザワザワしてしまって居心地が悪く感じたり、せっかく自分の願い通りの生き方をしたいと思って歩き出した事で罪悪感を感じたりして生きづらくなってしまうのは残念過ぎませんか?

だから、自由を手にした時にどんな気分になるんだろう?どんな気分になると自分は嬉しいのだろう?というのを「感じておいて慣れておく」事はとっても大切です。

人の目が気になる時というのは、自分の価値を低くみてしまっている事が多くあります。

アカトロさん、ご自身の魅力・セールスポイント・チャームポイント・自慢できる部分ってどれくらいあげられますか??
ささっと20個くらいは出てきたかもしれませんが、まだまだそんなものじゃないですよね!!!
もしもよかったら「自分の魅力を100見つける」をやってみてください。
わたしにはこんなに魅力が溢れているんだなー、とたくさんニヤニヤしてくださいね。

そして、過去に一生懸命自己犠牲して生きてきた「優しい自分」を労ってあげて、その努力を表彰してあげませんか?

私たちは油断すると、自分のことをとても冷酷に厳しく監視して、いじめてしまいます。
しんどいなぁ…嫌だなぁ…と思う事があっても、自分よりも周りを優先してきたのは、アカトロさんが周囲の大切な人(そうじゃない人に対しても)に愛情があったからに他ならないと思いませんか??

ずっとずっと、頑張ってきたんです。
ずっとずっと、努力して笑顔で生きてきたんです。
人の喜びを自分のことのようにして、先回りして行動して、優しさを周りに届けてきたんです。

本当に素敵で素晴らしいことをしてきたと思いませんか?

そんな過去の努力(たとえそれが、生き辛さに繋がってしまったとしても)を
『よくやってきたねー、偉かったねー』と労い、慈しんで、褒めてあげましょう。

そして、ここまでの人生を「人のために頑張ってきた」んだからこれからは「自分のために生きていい」と何度も何度も、自分に許可を出し続けましょう。
もう充分に人のために生きてきたから、もういいんだよ!って繰り返し自分の心に届けてあげましょう。

わたしはもう充分に頑張りました。
これからは「人のために」ではなく「私の願うの通り」に生きることを許可します。
私はもう、自由になっていい。
私はもう、自由です。

そんな風にアファメーションを続けるのも効果的です。

生き方は何歳になってからでも変えたいと思えば変えることができます。

私は黒柳 徹子さんのお母様である「黒柳 朝さん」の事が大好きで、尊敬している女性の1人なのですが、その朝さんのセリフでとってもステキな言葉があります。

今からでも遅くない、気がついたら一生懸命にやるべきだって。
遅いってことないの、私には。
(出展:チョッちゃんはもうじき100歳)

この言葉は朝さんが95歳になって、ご自身のシワにビックリされてお肌のお手入れを始めた…という話の一部なのですが
本当に「今からでも遅くない」んです。気がついたら自分の生きたい道のために歩き出せばいい、それだけだと思うんです。

私の生き方・性格は「今からでも変えられる」と思えば、人はいつからでも変わっていく事ができます。
でもね、アカトロさんの性格を嫌わないでいてください。
これまでだって頑張ってきた事を否定して欲しくないですし、このままではダメだから変わりたい、と思うとまた自分を追い込んでしまいます。

自分が楽しむために、自分がワクワクするために、自分が幸せだと感じるために
変わりたい!という動機でないと、またしんどくなってしまいますから。

今の性格ではダメだ、人に気を使うことばっかりでは自由がない!
何とか人の目を気にしないようにならないといけない!!

そんな風に思わなくてもいいんです。
そんな風に思い詰めなくていいんです。

努力家で優しいアカトロさんは、すでにステキな人ですから

気遣いもできる素晴らしい私なんだ。
努力家で自分を愛することをしたいと思える、自分にも優しい私なんだ。
だからもっともっと、自由でステキになっちゃおう♡

そんな風に自分に届けてあげて、変わりたいと思った自分を自分で応援してあげてみてくださいね。

自分の価値を受け取れるようになって、自分を愛する事、自分を認める事ができるようになると、人の目も気にならなくなっていきます。
1番大切な存在である「自分にどう思われるか?」が基準になっていくので、本当に人の目が気にならなくなっていきます。

とはいえ、私たちはひとりで世界の中で生きているのではないので
人から言われて嫌な気分になることや、人の目が全く気にならずに「世捨て人」のように生きることはできませんが、自分を肯定し、自分をちゃんと評価してあげられるようになると、自分のための自由を自分のために許可して自由を謳歌できるようになります。

これまでに頑張ってきたことを褒めて労い、すでにあるアカトロさんの魅力を見つけてあげて、今の自分にある「価値」を受け取りながら、自分を好きになっていくことや「自由に生きていい」と許可を出し続けあげることで、少しずつですが人の目を意識せずに、自由に振る舞える「心の土壌」が耕されていきますので、ぜひ、自分に優しく、自分を1番にしてあげてくださいね。

私自身、自己肯定感が地中にめり込むくらいに低く、人の目が気になり「ひとり反省会」を繰り広げて落ち込むことの常習者でしたが、自分を大切にする事・自分を肯定することを続けているうちに、少しずつ、自由に振る舞えるようになり人の目よりも自分がどう思うか?という部分が大事だと感じられるようになってきました。

だから、自分を認めてあげるって自由に振る舞う一歩になると思っています。

ぜひぜひ、アカトロさんの魅力をたくさん数えて、にっこり笑いながらアカトロさんを縛っている心の鎖を外していく事ができますように。

– – – – – – – – – – – – – – – – – – – – –

ココロノマルシェでは様々な視点でお悩みに回答を寄せてくれるカウンセラーが沢山います!
あなたと同じようなお悩みを発見したり、あなたのお悩みを相談したり、あなたのココロが少しでも軽くなるお手伝いが出来れば嬉しいです♡

ココロノマルシェへ

– – – – – – – – – – – – – – – – – – – – –

ココロノマルシェとは違いますが、あなたのお悩みを、ブログで記事にしてもいいよ!という方は、ぜひお悩み相談を送ってください。
私なりの形で、あなたのお悩みに寄り添いたいと思っています。

ブログdeお悩み相談に応募する