手のひらサイズの幸せのお友達

手のひらサイズの幸せ

『ペットロス・離別・失恋』サヨナラの痛みと哀しみを癒す心の保健室 ~あなたの傷に優しく絆創膏を貼るお手伝いをしています~

MENU

【ココロノマルシェ】投影の本来の理解や、活用法の基本をお教え頂けら幸いです!

今日はハロパのごちそうだと思うんでちー!夜ごはんが楽しみなんでちー

我が家の小さなモデルさんに「ちびっこ魔法使い」になってもらったのですが、どうやら報酬の「ディナー」を要求しています。

そうだねぇ。せっかくのハロウィンの晩ごはん(← やっぱりかぼちゃを食べるのかな?)だから、ギンちゃん・仁くんにも大盤振る舞いしないとだよね~。

みなさんはハロウィンの今日は何を食べるのでしょうか?
今日はかわいいモデルさんの魔法をチチンプイ!とお届けした後で(注:誰にも頼まれていない前置き)【ココロノマルシェ】に寄せられたお悩み相談をしたいと思います。

はじめまして。
心理学や占いが好きなMと申します。

好きと言ってもムック本やネットの虫食い知識でちゃんとした理解や学んだことはありません。
それもあり「投影」という基本の概念についてご教授願いたいと思いました。

というのも、投影を自己流に解釈して実生活に使っているのですが、少し疑問も最近出てきたので。

投影を積極的に使い出したきっかけは、特定の人物に対してだけ「この人なんか残念なんだよなぁ…」と思うことでした。

それである時ふと「これって投影なんじゃ?」と思い、そう思う人物のどこを残念に感じ、じゃあどうすればいいのか?と仮に書き出してみました。
(上から目線で何様ですが、自分を変えたいための投影実験なのでご了承を)
そしてその中から自分が出来ることをいくつかやってみました。

と書くと前向きな感じですが、どちかというと後向きかもです。

というのも、その参考にした人達(何人かいます)と接してると内心、 「楽しくないなぁ」「早くこの時間切り上げたいなぁ」とか思うので、 改善策として、そう人に思わせるくらいなら、

(1)仕事以外の社交の場に出るのをまずやめる(酷い話ですが…自分に対してなので)
(2)浮いたお金や時間で自分磨き?する。
というのが基本なので。

だからポジティブな変化としては、前からやってみたいけど、やらずじまいだったことを出来るようになった。
断捨離/植物を育てる/メンタル強化のための色々(筋トレとか日記とか)

ネガティヴな変化としては、好きな友人や魅力的な人物ほど、相手の時間を奪っているような気後れを感じるようになり、関係を無くす方向に動いて実際に縁がほぼ切れたことです。

今の自分は前の自分より自制心があるし、ほんの1ミリくらいは思慮深くなった気がするので、前の自分にもどりたいとは思いません。

でも、人としてなんか間違ってるような気もしないでもなくて…

投影の本来の理解や、活用法の基本をお教え頂けら幸いです!
相談者:Mさん

Mさん、こんにちは。
「投影」って理解するのが難しいですよね。
かくいう私も100%理解できているのか?と言われると「うーん」思うので、これをきっかけに「投影」って何だろう?「投影」の活用法って何だろう?と考える時間をいただけました。

投影・投射(Projection)というのは、観測者のかけている眼鏡で物事を見ている状態というのが分かりやすい解説なのかな?と思っています。

目の前に男性が一人立っていた時に、その人を『見て』感じる印象は人によって様々です。

・無表情なので怒っているのかな?
・口元がうっすら笑っているように見えるから楽しいのかな?
・佇んでいて悲しさをこらえているのかな?
・ちょっと緊張しているのかな?

立っている男性という存在は一つですが、見ている側の「気分」や「心の状態」「体の状態」などによって「〇〇のように見える」「〇〇のように感じる」というように、自分のかけている眼鏡を通して世界を見ている状態。

また、私たちは長所もあれば欠点もありますが、欠点である部分は嫌っている分だけ無意識に抑え込んだり自分自身で感じないようにしています。
ですが、光があれば影もあるように、抑えていたり切り捨てたように見えていても自分の一部(性質の一部)であるがゆえに、それを感じるために「なんかイライラする人がいる」「あの人の態度が嫌い」といった形で、自分が禁止している・捨てたと思っている嫌なものを外部の人に投射して感じる事をします。
これは抑圧している感情・抑えているもの・禁止しているものが多ければ多いほど、周りの人を見てイラッとする・ムッとするという反応として感じられます。

> 投影を積極的に使い出したきっかけは、特定の人物に対してだけ「この人なんか残念なんだよなぁ…」と思うことでした。

投影という見方をしてみると、相手に対して感じる「残念だなぁ」という部分は、自分がそれを「ダメだと思っている」「禁止している」感情でもあります。
なので、私にも少なからずこういう性質があるんだな~と知ることができます。

> (上から目線で何様ですが、自分を変えたいための投影実験なのでご了承を)
> そしてその中から自分が出来ることをいくつかやってみました。

Mさん、すごいですね!!
書き出してみて自分に出来る事をやってみるって投影を上手に利用されていたんですものね~。

投影を取り戻す、という言い方をすることもあるのですが「なんか残念だよな…」と思っている部分を意識して自分を整えたり調整すると、それが気にならなくなっていきます。
自分がそれを受け入れて許可が出せるようになると、自分が「変化」するんですよね。

そうすると、今までお付き合いしていた関係に変化も生まれてきます。

> 参考にした人達(何人かいます)と接してると内心、「楽しくないなぁ」「早くこの時間切り上げたいなぁ」とか思う

確かに今まで親しくしていた人であれば、自分が「自分を向上させるために良かれと思って変化した」結果、今までの人間関係がフィットしないと感じるのは残念に思いますが、合わないものはしょうがないんです。

Mさんは視力はいいですか?
私は視力が悪くて眼鏡をかけているのですが、目を鍛える本というのを買ってトレーニングしたことがあるのですが、そうして視力が良くなるとかけている眼鏡が合わずにクラクラしました。
度数の合わない眼鏡をかけると「しんどい」と感じますよね??

私たち人間は良くも悪くも変化する生き物です。

投影というものを使って世界を見ている、自分専用の眼鏡をかけて見ている状態であれば、その眼鏡の度数が変化した(自分自身が変わって見える世界が変化している)のであれば、残念ながら合わない人が出てきてしまう事もあるんですよね。

Mさんがお悩みに書かれていた

> (1)仕事以外の社交の場に出るのをまずやめる(酷い話ですが…自分に対してなので)
> (2)浮いたお金や時間で自分磨き?する。 というのが基本なので。

という部分からも、自分を大切にする事や自分を優先する事と並行して投影を使って自分が苦手な部分を受け入れる事で、Mさんが「なりたい自分」に変化していかれているんだと思うんです。
そして、だんだんと自分を優先させることが楽しくなってくれば、自分がフィットしていない環境に長くいたいと思いませんから

> 「楽しくないなぁ」「早くこの時間切り上げたいなぁ」

って思ってしまうのも残念ながら仕方のない変化なんだと思います。

かくいう私も、Mさんと同じように自分を大切にして自分を優先する事をしていた中で、ちょっと窮屈に感じる人間関係とは距離が出来て、そこから離れてまた新しい人間関係が出来ています。
(嫌って別れた…とかそういうのではなく、本当に自然に距離が出来ていきました)

投影の使い方について、先日竹内えつこカウンセラーが分かりやすくお返事を書かれていましたよね!

投影という「眼鏡」で私たちは世界を見ていますが、その眼鏡をかけている自分自身は、その時に置かれている環境や精神状態、気分だったりでいろいろと揺れています。
つまり『一定ではない』んです。

先程、男性の例を挙げてみましたが真っすぐに口を結んだ男性を見て、Mさんが何か新しい事にチャレンジしようとしている時であれば「意思のある力強さ」を感じますが、Mさんが何かをミスったり失敗して自分を責めている時に見れば「怒っている怖い表情」に見えます。

Mさん自身の状態によっても、投影の見え方は一定ではないので、投影を使う…というのであれば

・自分が今どんな感情なのかな?というのを測るツール
・自分の周りに集まっている人の傾向から、今の自分の傾向を見るツール
・周りの人の価値や魅力 = 自分の価値や魅力を知るためのもの
・周りの人のイライラする点 = 自分の中の観念や抑圧しているものを知るツール

今の自分って「どんな自分」「どんな気分」なんだろう?って客観的に見るための道具のように使ってあげるといいかもしれませんね。

投影で物事を見てあれこれ考えて…と私も一時期頭がこんがらかったことがありますが、とってもさっぱりと気付けた言葉がありました。

人間関係は、結局は自分が原点。
人間関係を改善するためには、自分一人でいい。
「自分関係の解決」なのです。

投影(映し出す)のですから、本当に「自分」がすべてなんですよね。
人間関係を改善するために投影を使ってあれこれして…と感じてしまいますが、あくまでその人を見ている観測者はMさんご自身なので、Mさんの心の状態がどうなのか?によって人間関係も変わるもの。

だからあまり難しく考えずに「今の私ってこう思ってるのか~」程度に投影を使ってあげると楽になると思います!

投影を深く知る…となると、意識や無意識の層といった領域の話や環境に関するもの、自己と他者の境界…などなど、なんだか頭がこんがらがるものになっていくので(私もまだ完全に理解しきれていません。まだまだ勉強中です。)自分が知った内容を「楽しく」活用できるといいですね!!

投影とは少し違いますが、Mさんが悩まれているような気持について師匠の根本さんの記事がありましたので、参考になれば…とご紹介させていただきます。
(自分が変化したことで今までいるステージ・人間関係がフィットしなくなる話です。)

> 今の自分は前の自分より自制心があるし、ほんの1ミリくらいは思慮深くなった気がするので、前の自分にもどりたいとは思いません。

Mさんのこの気持ちを大切にすることが一番大事だと思います。
ほんの1㎜じゃなくてきっととっても思慮深くなってなりたい自分になれているんだと思いますよ~。
自分の変化を受け取って、ますます自分が生きたい生き方を楽しめるMさんでいるうちにMさんのお付き合いする人たちも変化していき、また新しい人間関係が出来ると思います。

さなぎが蝶になるときに、一時期固い殻で身動きできずに「うーん」と思う時期のように、変化の途中では違和感を感じる事もあると思いますが、MさんがMさんの生きたいようにやりたいことに時間を使ったり心地よく過ごすことはとっても素敵でいい事ですね!!

Mさんのお悩みであった「投影」の理解や活用法について、具体的な事をあまりお話しできませんでしたが、何かのお役に立てれば嬉しいです。

– – – – – – – – – – – – – – – – – – – – –

ココロノマルシェでは様々な視点でお悩みに回答を寄せてくれるカウンセラーが沢山います!
あなたと同じようなお悩みを発見したり、あなたのお悩みを相談したり、あなたのココロが少しでも軽くなるお手伝いが出来れば嬉しいです♡

ココロノマルシェへ

– – – – – – – – – – – – – – – – – – – – –

ココロノマルシェとは違いますが、あなたのお悩みを、ブログで記事にしてもいいよ!という方は、ぜひお悩み相談を送ってください。
私なりの形で、あなたのお悩みに寄り添いたいと思っています。

ブログdeお悩み相談に応募する