手のひらサイズの幸せのお友達

手のひらサイズの幸せ

『ペットロス・離別・失恋』サヨナラの痛みと哀しみを癒す心の保健室 ~あなたの傷に優しく絆創膏を貼るお手伝いをしています~

MENU

久しぶりにミシンがけして作った白い顔隠し…

マミコは最近、世間に見せるのが申し訳ないから…って「白い顔隠し」をしてるですよね。朝、メメのとこしかお化粧しなくていいんだよーってマミコちゃんが嬉しそうに教えてくれたでちよ!

しきりにテレビでも言われていますが、意外と身近な場所でコロナウイルスによる肺炎になる方がいる事から、いろんなものが品薄・入手が難しい状況ですよね。

今日も職場で「WHOがパンデミック宣言したんだってさ!」とか「トム・ハンクスさんがコロナになったらしいよ!」などなど、コロナの話が出る事も多くなりました。

私は一人暮らしで月~金のフルタイムの仕事をしているので、出勤時に開店前のドラッグストア前に長蛇の列が出来ているのを横目で見て

この状態なら、仕事終わりにドラッグストアに行ってもマスクを買えるはずがないよな~

と、職場でも予防のためのマスクを推奨されているけれどいつ買いに行けば買えるのだろう??と首を傾げていました。
私が持っているマスクは随分前に仕事のイベントで数セットもらったもので、これがなくなる前には普通に流通するのなかぁ…と減っていくマスクを前に少しだけドキドキ。

幸い、花粉症ではないので(若干、鼻が出たり目がかゆくて泣けてくるけど、まだ花粉症ではないと信じています…)花粉予防のためにマスクがないと生きていけない!!という状態ではないので、あくまで「予防」のためのマスク。

ギンちゃんが「顔面を世間に見せるのに罪悪感を覚えたマミコが白い布で顔を隠している…」と誤解しているようですが、断じてそのような理由でマスクをしているのではありません!!!

白い顔隠し…って プププッ

未知の病気ですから、出来れば罹患せずにいたいものですが、目に見えないウイルスですものね。
予防して気をつけていても罹患する時は仕方がないとはいえ、頑張りすぎない・疲弊しない程度に予防出来ることを続けています。

やっている事は、マスク・手洗い・うがい・ちゃんと寝て元気に過ごす…といった「ごくごく簡単な事」だけなんですけれど。てへへ。

私自身はひとり暮らしで、年齢も「高齢者」のグループではないため、罹患したとしても重症化せずに終われるのかもしれませんが、懸念しているのが両親の事。
両親は高齢者と呼ばれる世代ですし、父は糖尿病・母はリウマチを持っているため、罹患したら…とやはり心配になります。(一番心配しているのは本人たちだと思いますが)

お洗濯できるし、買えなくても安心ね!って得意気に見せびらかしてるですよ。日曜の日に ガガガガガッって機械を使ってマミコちゃんが顔隠しを作ったんでち!

イエス!そのとーーりっ!(← 安定のタケモトピアノ)

っていうか仁くんまでもが「顔隠し」って…ププッ

「マスク=買う」という図式しかなかったのですが、妹から「新聞に布マスクの型紙があったから、手芸が出来る人なら作れちゃうね」と言われ、そっかー、布マスクという手があったか!!と気付き、こう見えて手芸好きなので布マスクを作ってみよう!!と日曜の朝、近所の手芸屋さんへ。

が…

手芸が出来る人はすでに布マスクを作っているらしく、手芸屋さんではガーゼ生地や白系の布はことごとく売り切れ。
かろうじて綿とリネンが混紡の白い生地が少しだけ残っていたのを発見して買いましたが、本当に終わりの部分だったので「半端だから10cm分お値段おまけしておくね!」となぜかちょっとお得に生地をゲット出来ちゃいました。

手芸屋さんではマスクの型紙も無料でプレゼントしてくれていました。

手芸が苦手な母と妹からも「作るなら私たちにも是非!!」とリクエストがあったので、チクチク・ガガガッとミシンを使って布マスクを作りました。
買えた布で作れたのは9個分。
丁度1人3個の「白い顔隠し」を作り、日曜はまだ胃痛が酷かったのでこれで力尽きてぐーたらしました。

月曜日に早速自分で作った布マスクで出勤。
会議などがあったので「あれ?布マスク??」と聞かれたりするかなー?と思っていましたが、私のマスクに興味を持っている人はほぼいなかったらしく、不織布の使い捨てマスクじゃなくても何も言われませんでした。

これでマスクが「買えないのでは?」という不安からの解放!!
いや、別にそんなに過剰に心配はしていなかったけれど、久しぶりにミシンを使えて楽しかったし、ハンドメイドで予防アイテムを作るっていうのも、好きな手芸をする時間を持てたりして、なかなか楽しめているな~とニッコリ。

広げると大きいんですよ!マミコの顔が半分くらい隠れますですよ。白い顔隠しですからね!!

ほんと、ほんと。
マスクって顔が隠れるから、目元(主に眉毛)だけチャチャッとメイクして、後はほぼスッピンでも大丈夫で楽チンなんだよね~。

確かにギンちゃんや仁くんが言うように「白い顔隠し」なのかも?!

コロナウイルスの話…ということから、先日、動物病院からのメールで獣医師会からの発表を教えてもらったことをブログで紹介しました。

香港でワンちゃんからコロナウイルスが検出された事に関する情報だったのですが、その後の調査で状況が変わったという内容が改めて動物病院からメールで届きました。

その後香港政府はペットの犬の検査を繰り返した結果、新型コロナウイルスの低レベルの感染があったことを示す所見が見られ、人から犬にコロナウイルスが感染したと思われるとすると発表を行いました。
(中略)いずれにしても、現時点では、飼い主がしっかりした感染防御の対応を取ることが、ご自身のペットを感染から守るためにも、最も重要だと考えます。
(日本獣医師会発表/3月9日付)

ふむふむ。
どうやら飼い主さんのウイルスからワンチャンへの感染(重症ではないけれど)が確認されたということのようですね。

獣医師会の発表の中には、飼い主さんがコロナウイルスに感染した後で愛犬も熱が出たり肺炎のような症状があれば獣医さんに相談するようにというような事が書いてありましたが、何より大事なのは『飼い主さんがコロナウイルスに感染しないように』という事なんですよね。

人間に対してもまだ「未知な部分が多い」病原体ですが、それが動物にも感染するとなると、いろんな方面で調査や研究などがされているとは思いますが、なかなか厄介で大変なウイルスなんだなーと感じています。

どこまで自粛するのか?
どこまで活動範囲を狭めるのか?
正しい答えのない「分からない事」だからこそ、誰かや自分を責めたりせず、過剰に恐れず・過剰に過信せず…のバランスを大事にしながら、早く終息してくれるのを祈るばかりです。

余談ですが、春先はゆらぎの季節でほっぺたなどが少しカサつく事が多いのですがマスクの思わぬ副産物なのか、ほっぺたがカサカサせずにふっくらしてくれています。
とはいえ「白い顔隠し」で潤っている部分も隠れているので、宝の持ち腐れ(?)ではあるんですけどねー。
痛し痒しという感じでしょうか???

コロナウイルスがこんなに流行してしまうなんて思ってもいなかったのでビックリしていますが、これ以上大きな被害にならずに済んでくれますように。

コロナの野郎に負けないためにも(?)今日も早く寝ようと思います!
おやすみなさい。
また、明日お会いしましょう♡