手のひらサイズの幸せのお友達

手のひらサイズの幸せ

『ペットロス・離別・失恋』サヨナラの痛みと哀しみを癒す心の保健室 ~あなたの傷に優しく絆創膏を貼るお手伝いをしています~

MENU

大事な方へ遺す言葉 ~Role letter~

ん?プリントを持ってきましたけど 何ですか、コレ??

ギンちゃんの前に置いたプリントは、先日のグリーフケアの講座で使った「ワーク」のプリント。
講座の冒頭、10分でプリントに書く作業をしたのですが、会場からはすすり泣く声が聞こえ、講師の先生が「泣かせるつもりじゃないから、5分に短縮!!」と止めに入るくらい素敵なワークでした。

ちっこい字でまたいっぱい呪文を書いたでちか??

ワークは「大事な方へ」という遺書を書く作業。
ちっこい文字で書いてあるのは呪いの呪文ではなく「遺したい言葉」。
自分の大事な人を想像して、自分が亡くなったら分かっていて欲しい事、伝えておきたい事を書く作業です。

特に大きな説明はなく「大事な方へ」遺したい事を書く遺書、と言われて取り組んだのですが私は実家の両親と妹達に届けたいと思い、まとめて…の遺書を書きました。

家族のみんなに何を遺したいと思ったんですか?

いざ、紙を前にして遺書を書くとしたら、何を書きたいと思うのか?

私の家族へ
・私に何かあった時は、銀太と仁くんのお世話をお願いします。

・銀太は結石が出来やすい体質なので専用フードとトイレチェックをしてください。仁くんは心臓の薬を飲ませ続けてください。

・私の残していくものは全て自由に処分してください。使ってもらっても捨ててもらってもOKです。貯金は○○(← 妹の名前)に教えてあるので仲良く分けてね。そして、このお金で銀太と仁くんを安心・安全に診てあげてください。

・死んだら出来れば銀太と仁くんと一緒にいたいので、樹木葬をお願いします。銀太と仁くんも個別火葬をし一緒にまいてください。

・私の事を愛してくれてありがとう。出逢えて良かった。また来生もよろしくね。

私が書いた「遺書」で伝えたかった事は、ギンちゃんと仁くんを最後まで安心に暮らさせて欲しいという事と、出来れば死んでも同じ場所で眠りたい事、私が残すお金を自由にして欲しい事、そして「ありがとう」と「またね」でした。

このワークは「Role letter」というものでRoleとは役割という意味。
伝えておきたい事、残しておきたい言葉を書いて届ける役割を持つ手紙。

●記載日を書いておくこと
●気持ちが変わったら書き換えOK
●誰にかいたの?一人?複数人宛て??何人でもいいから、伝えたい事がある人に宛てて書くこと

がポイントなのだそう。
日付を書いておくことで、後で自分が見返した時にその時に遺したかったものが分かりますし、複数の遺書があったとしても、日付を頼りに遺族が先に天に召された愛する人の願いを叶える時の助けになります。

また、人の気持ちは変化するものだから書きたくなった時に書き換えてOK!気軽に書くのがいいのかもしれませんね。

私は「今」死んだとしたら残していくのが心残りなのはやはり「ギンちゃん・仁くん」の事で、それ以外に思考を巡らせてみましたが、伝えたいことは「2匹の事」と「そのためにお金を使って欲しい事」と「感謝」だけなんだ…と分かりました。

もしも、私がギンちゃんや仁くんを見送ってから逝くのであれば、2匹を託す部分と2匹の葬儀後のお願いはなくなり、私をギンちゃんや仁くんと一緒に眠らせて欲しいと頼むことと、ありがとう・またね!という事、そしてわずかではあるけれど残していくお金の場所を教えるだけで、

死を前にして考えると
本当に大切に思っている事や
自分が何を一番大事に思っているのかが、
クッキリと分かる事を体験しました。

私たちは「悩むのが大好き」で目の前のありとあらゆることをわざわざ「生きている事を満喫するために問題にすること」で人生のアトラクションを楽しんでいるけれど、死という物の前には何も持って行けず、誰かと一緒でもなく、ただ一人で何もかもを残してふぅっと最後の一呼吸を終えると自分の人生に幕を下ろして旅立つんですものね。

大好きとあーがとがいっぱいのおてまみになったんでちねー

うん。
ロールレター(残したい言葉たち・遺書)を書くワークをしてみて分かった事は「残していく愛する存在」のためのお願いと「本当にありがとう」「またね」という感謝と祈りと願いしかない事が分かりました。

死んでいく、という時には飾りもカッコもつけずに「純粋」に残したい事・届けたい事がクッキリします。
遺書を「誰かに宛てる」と想定したワークをするのってしんみりしますが、心が優しくあたたかくなれて、涙も出るけれど最後はキュッと微笑めることにビックリしたけれど、すごーく素敵なワークなのでご興味のある方はぜひやってみてくださいね!

会場ではすすり泣く声・嗚咽が聞こえてきましたが、中には大切な人を亡くしたばかりの人や、大切な人を助けられなかった事を悔やんでいる人たちも沢山いたと思います。

助けたいと思って医師や介護の道にすすんでも、助けられない命があるのを目にする事や、突然の事故や事件に巻き込まれてお別れすら言えずに離れてしまった場合の心残りや悲しみは想像を絶するものがあります。

だからこそ、このRole letterに「お願いしたい事」や「伝えたい言葉」「愛や感謝」がしたためられていたら、残された人の救いになります。
大好きな人の望みを叶えることは残された人にとって暖かく優しい仕事で、それを叶える時に幸せを感じられます。
大好きな人が自分に愛を持ってくれていた事を知る事で胸の中に愛が溢れて大切な人を心の中で強く抱きしめられます。

自分にとっての純粋に大切なもの・大切な気持ちを見つめる事に加えて、残された人の救いにもなるなんて、すごく素敵な手紙ですよね。

そしてこの「大事な方へ」のワークには、続きもあるのですがそれをしなくてもこのワークをしてみるだけで、すごく気持ちがスッキリしますし「生きている事」って素晴らしいと感じられますから、ぜひ、大切な人に残したい事を「遺書」として書いてみる時間を作ってみるのをオススメします!

そして、これは「ワーク」なので、別に明日私が死ぬのではないのですから(とはいえ命の長さは分からないので100%死なないとは言いきれませんけれども…)ワークをして湧きあがった「愛」や「感謝」を言葉にしたり態度にして相手に届けることが出来るのも、生きている事の価値だと思うんです。

あなたの言葉で、あなたの笑顔で、誰に「愛」と「感謝」を伝えたいでしょうか?
その人に暖かく生きているからできる「笑顔」と「ハグ」を届けてみませんか?

ギンちゃんや仁くんにギューッと毎日何度もハグと「愛してるよー」を届けていますが、愛や感謝は何度伝えてもいいんですものね♡
大好きな人に大好きと言える事は、とても幸せな事。

えへへ。
今日はちょっといつもとは違って真面目マミコでお届けしましたが、こういうのもいいでしょ?!(← 安定の強引さ)

大事な人への Role letter をあなたは誰に書きたいと思いますか?