手のひらサイズの幸せのお友達

手のひらサイズの幸せ

『ペットロス・離別・失恋』サヨナラの痛みと哀しみを癒す心の保健室 ~あなたの傷に優しく絆創膏を貼るお手伝いをしています~

MENU

100%分かり切れなくても、相手の立場になって想像することはできる。それがきっと「相手を想う」ということ。

ネコはよく「寝る子」で ネコと言うという説もありますですよね

ベッドに潜り込んで目を閉じると「5秒」で気絶するように眠れるのが取り柄のおまみーぬ嬢。
たまには寝入りに数分かかることもありますが、基本的にとてもあっというまに眠れています。

精神的に不安が強くなったり落ち込み過ぎたりすると、睡眠にも影響が出てしまいますが、眠れないことで「交感神経・副交感神経」のバランスが乱れることでネガティブにも拍車がかかり、体の疲れも取れずに前向きになれないんですよね。
だからこそ、思い煩うことなくコトンと眠れる事って幸せだと思っていて、目をつぶって幾度か呼吸をしながら何も考えずに眠りに落ちて行けるって最高だなぁと感じています。

ですが、昨日は眠る前にどうしても気になっている本が読みたくて、ベッドの中で眠気が襲う中で無理をしてスマートフォンで電子書籍を読んでいました。

で…
めちゃくちゃ眠かったピークを乗り越えて本を読んだのはよかったのですが、変にアドレナリンが放出されるというか、高ぶる気分というか、眠ろうとしてもなかなか眠れなくなってしまいました。

結果、気がついたら寝てはいたのですが、なかなか眠れずに寝がえりを打ち、時間をチラッと確認すると午前3時で、ひえーー!明日の仕事に影響が?!と思えば思う程、眠気が遠くなる悪循環。
普段、コトンと眠れているって幸せなんだと、悶々と寝返りつつ再認識しました。

睡眠負債という言葉や、睡眠障害という言葉もあるように、眠りについてしんどさを抱えている方も沢山いらっしゃるんですよね。
私の女友達も、睡眠障害で眠るまでに数時間かかることが辛くて、睡眠薬を処方してもらっていると言っていました。

あぁ、睡眠に悩みがあるという人達は、こんなにしんどいことを毎日繰り返しているんだ…

実際に自分が「たった1日」でも体験したことで、悩んでいる人のつらさを想像する時に辛さへの認識が深まります。
悩んでいる人たちの苦しみや苛立ちを「100%同じように」分かり切る事は出来なくても、自分が似たような体験をすることで、相手の気持ちを想像して優しい目や思いを持つことはできます。

それがきっと、相手を思いやる・気づかうということなんですよね。

もちろん人生は「心地よく笑顔で、思い煩いが少ない」方が絶対に嬉しですし、望ましいものです。

でも、生きている間に私たちは幾度もつまづいたり傷ついたり、イライラしたりうまく行かないことに肩を落としたり、大切なものを失ったり別れたり、思ったように評価されずに気落ちしたり、とにかく『自分が望んでいないように見える出来事』も体験してしまいます。

自分にとっては願わしくない状況の中にいるときには、とてもじゃないけれど「この体験があったから…」とは思えないけれど、人間って本当によくできているもので、そこから離れることができて伸びやかな生活を取り戻す頃には

あの体験があったから、今の私がある。
あの経験を通して、過去の自分を同じような状態の人に手を差し伸べられる。
あの出来事があったから、人間として成長できた。
壁にぶちたったからこそ、自分に向き合って自己肯定しようと思えた。
あの別れがあったからこそ、新しい出会いがあった。

などなど、ホントに「人生万事塞翁が馬」的に、過去の出来事をバネにして考えられることができるようになるんですよね。
それには時間がかかることもあるけれど、体験したすべての事から、私たちは何かしらの「学び」をしているんですもんね。

痛みを通して、こんな思いをしたくないと自分や周りを大事にする力を得たり、悲しみの底に沈んだ時に差し出された手の暖かさが染みて、同じように人に優しい手を差し伸べられる暖かい循環を作れたり、ネガティブに見える出来事を体験したからこそ、相手を思いやる目や力を育めているんですよね。

それはやっぱり、自分という人間の財産です。
自分が体験するという事は、どんな経験であれ、自分という人間の器を広げる「経験値」に変わっていくんです。

とはいえ、さまざまなことを体験したり経験したことがなくても、相手を思いやる事は出来るんですよね。
そこにはちょっとだけ、相手の気持ちを想像する力が必要です。
自分と相手は違うんだ、と相手の事を大切に思う気持ちが大事です。

私には想像できないし分からないけれど、この人にとってはとても嫌な出来事なんだな。
私はそうは思わなかったけれど、この人にとっては苛立つような出来事なんだな。
私にとっては価値があるようには見えないけれど、この人にとっては大事なものなんだな。

そうやって、自分とは違う「相手の気持ち」を思いやり、違いを大事に尊重することを大事にしていきたいなぁと、眠れない体験を通して思い直せました。

今日は睡眠不足からちょっと体が重かったのですが、そういう時に限って仕事が立て込んで目が回りそうな忙しさでした。
ふぅ。やっぱり追われる感じは苦手だなーー。

今日も一日を走り終えました。
うん、よくやった!エライ!!

本の続きを読みたいけれど、今日は猛烈な睡魔には抗わずにコトンと眠って明日を元気に迎えたいと思います。

おやすみなさい。また明日。

  • HOME
  • >
  • わたしのこと
  • >
  • 100%分かり切れなくても、相手の立場になって想像することはできる。それがきっと「相手を想う」ということ。